世の中には、ストレートパーマと縮毛矯正の違いをよく理解していないという人が少なくありません。この二つの施術は似ているようで全く目的の異なるものですから、その違いを正しく把握しておきましょう。

過去のパーマを取り除くのがストレートパーマ


 
天然のくせを取り除いてくれる縮毛矯正

天然のくせを取り除いてくれる縮毛矯正

ストレートパーマは以前かけた「パーマのうねり」をまっすぐに伸ばすための施術で、「くせ毛のうねり」を改善するための施術ではありません。つまり、くせ毛の人がストレートパーマをかけても直毛になるわけではありません。

一方、「くせ毛のうねり」をケアしてくれるのが縮毛矯正です。縮毛矯正は直毛の状態に近づける施術です。波状毛でも縮れ毛でも、ほとんどのタイプのくせ毛に効果的だと言われています。

 

しかし、サロンによっては縮毛矯正のことをストレートパーマと呼んでいるケースもあるので要注意です。例えばあるサロンで「くせ毛だからストレートパーマをかけた方が良いかもしれませんね」とアドバイスをされたら、それが本当にストレートパーマを意味しているのか、もしくは縮毛矯正のこと指しているのかをきちんと確認してください。

くせ毛の人がストレートパーマをかけた直後は、髪の毛が真っ直ぐになっているように見えますが、1週間もしないうちに再びくせが復活してしまうでしょう。
これではただ髪の毛にダメージを与え、お金と時間を無駄に使ってしまっただけになってしまいます。

縮毛矯正とストレートパーマのプロセスは?

縮毛矯正は「1液」と呼ばれる薬品で髪の毛の組織を分解します。その後アイロンで髪の毛を真っ直ぐに形づけして、その後「2液」と呼ばれる薬品で形を固めていきます。ストレートパーマも基本的にプロセスは同じですが、使用する薬品の種類が全く異なります。

縮毛矯正は比較的新しい技術ですが近年はだいぶメジャーになり、縮毛矯正メニューを扱うサロンの数も増えてきています。価格は店舗によって異なりますが、10000円前後が相場と言われています。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いが分かったところで、次ページでは「縮毛矯正の上手な利用方法」を解説します。