梅雨の時期、雨や湿気で「くせ毛」が出やすいのはなぜ?

くせ毛の人にとって雨の日は憂鬱

くせ毛の人にとって雨の日は憂鬱

雨が降って湿気が多くなると、髪の毛はいつも以上にうねったりはねたり、くせが強く出るようになります。

加えて、湿気を含んでさらに膨張しやすくなってしまうのも悩みの種。くせ毛は直毛よりも髪の毛が凸凹した形状なので、湿気によって水分を多く含む場所と少なく含む場所の差が激しいのです。それによって髪の毛がいびつな形になり、直毛の人以上に膨張してしまいます。

外出前のブローは念入りに

雨の日のブローはいつも以上にしっかりと!

雨の日のブローはいつも以上にしっかりと!

まずは少しでもうねりや広がりを抑えることができるように、いつも以上に外出前のブローを念入りに行うのがベターです。

髪の毛を乾かすときは半乾きの部分がないように、全体をしっかり乾かすことを心がけてください。そして仕上げにヘアオイル等をつけて、髪の毛に重みを出すことで、少しでもうねりや広がりを抑えることができます。

 

へアアイロンでくせやうねりを上手にリセット

どんなに時間をかけてブローやセットをして出かけても、残念ながら雨の日はその状態を長くキープすることが難しいでしょう。そんなときは「キープしよう」と思うのではなく、上手に「リセット」することを目指しましょう。

例えば仕事帰りに飲み会があるというときは、オフィスにヘアアイロンを持っていくと良いでしょう。ヘアアイロンを使って髪の毛を巻けば、うねりをごまかすことができます。ストレートアイロンで真っ直ぐに伸ばすこともできます。

ここでポイントは、使用するヘアアイロンの温度設定をチェックすること。商品によってヘアアイロンは温度設定が異なりますので、最低でも「180度」の熱が出るタイプを選んでください。160度程度のアイロンだと温度が低すぎて、うまく巻いたり伸ばしてりできないことがあります。

次は、雨の日におすすめのヘアスタイルを3つご紹介!