5人に1人が生涯独身の時代が来る? 

近年ますます生涯未婚率が上昇し、今や女性の9人に1人は一生独身です。そして2030年には、5人に1人が一生独身になると予測されています。

その原因としては、

・景気の低迷により自信がなくなっている男性が結婚に消極的に
・女性は学歴とともに収入があがり、リア充自立が増加
・男女の競争社会で女性が男性化
・女性のライフワークバランスの崩れで恋愛時間の短縮

…など様々な問題があります。

人生の岐路

結婚したい?

そうはいっても、だれでも結婚はしたいのです。私は結婚相談所を経営しており、毎日結婚を希望している方々にお会いしています。様々な年齢、職種の方の希望を聞き、お相手探し、恋愛相談、意思が決まったら仲人としてご縁談をまとめるのが仕事です。

昨年結婚した人は約65万組で、そのうち約4万組弱がお見合い結婚をしています。昭和50年代まではもっと多かったのですが、昨今ご近所の世話好きおばさまたち(言葉は悪いですが、通称・縁談ババア)がどんどん減ってしまったのも減少の一因です。中でも実力のあるおばさまたちが組織化して、大きくなり結婚相談所というものに名前を変えたわけです。

全国の結婚相談所はたいてい連盟や協会に加盟していて、ネットでつながっています。私の相談所では、約7万人の中から希望の相手を探し紹介します。そして、お見合いをセッティングし、一定期間の交際を経て、お互いの意志のもと結婚まで辿り着くか否か、という道筋です。

しかし、結婚相談所に入会すれば、理想の結婚が必ずできるなんて勘違いしてはいけませんよ。希望通りの相手がひょいひょい現れるなんてことは滅多にないのです。そもそも夢のような非現実的な希望条件で相手を求めても…それは無理ってもの。

なぜならそれは、皆さんが夢見る理想結婚の妄想の相手だからです。その妄想期間が長すぎて、気がつけば結婚できない年齢になってしまってはいませんか。いいかげん妄想から目を覚まして現実的に自分を客観視できないと、結婚どころか彼氏もできなくなるのです。また、妄想期間が長いと女子力も低下しており、紹介してもらったからといっても相手からNGを突きつけられることもあります。全部が全部、結婚できるわけではありません。

>>年収一千万を手放し、人生を考えなおす女性も