「自分はどちらかというと美人な方だと思う。でもモテない」
「自分の外見レベルを考えたら、もっといい男と付き合えてもいいはずなのに……」

そんなふうに感じたことはありませんか?
心当たりのある人は「美人なのにモテない症候群」の1人かもしれません。

美女

美女なだけではいい男は落とせない

私の経験上でも「美人なのにモテない人」は大勢存在していると感じます。モテる、あるいは恋のはじまりを掴むのには十分なビジュアルがある。それなのになかなか恋ははじまらない。そんな状態に心当たりがある方はぜひ当コラムを読んでいただければ幸いです。それではさっそくいってみましょう!


美貌を武器に男からお金を引き出す魂胆がある。

これはいわば美女の特権です。しかし、この魂胆を胸に抱いてしまったら最後、その本音はあなたの表情、仕草、言葉の節々から滲みでてしまいます。

「バレないだろう」そう思っても、男性は敏感です。とくに遊び慣れた、モテ系の男性ならばその本音は簡単に見抜けてしまいます。結果的にごちそうになったり、あるいはプレゼントを貰うのはよいでしょう。しかし男性からの「俺が払うから」の申し出があるまでは、自分が楽しんだ分は自分が払う「大人の最低限の常識」を胸の奥に鮮明に意識しておくことがよいでしょう。


物腰・言動がしなやかさに欠ける女性

美人なのになんとなくゴツゴツしている。あるいは空気感がカサカサしている女性を時折見かけます。

言葉を選ばずに言うと、品格に乏しくガサツな空気を纏っている女性です。誰もそのことに触れないため、本人もずっとずっと気づかずに人生を送る――そのような女性。このような女性は生来の見た目のつくりが決して悪くないのに、なぜかモテません。

これにはいくつかの原因が考えられます。まずは「仕事の被害者」です。仕事の内容が男っぽい。あるいは女性らしいしなやかさを必要としない職務内容であるということなどが考えられます。

ほかにも原因はいろいろですが、これはあなたが気付いた瞬間に変えるしかありません。しなやかな女らしい女性と数多く接するようにして、その周波数を摂取し、自分のものにする。改善するにはこの方法しかありません。

とくにキャリア指向の女性は要注意です。有能さ「だけ」を自分のアイデンティティとしてしまうと「オヤジくさい」「ババくさい」「ゴツゴツする」などに陥ってしまうことがあります。しかし本人はそれに気付かず、そこそこ「イケてる」のセルフイメージのもと、狙うのは有能で艶やかなモテ男。

しかし、リッチマンは、このような女性の方を見ることはありません。有能さがたとえ8掛けになったとしても「女性らしいしなやかさ」を持つ女性のほうを選ぶのです。

>>まだまだいきますよ!