ゲームを最も明確に差別化するものは…?

任天堂とDeNAの図

任天堂と提携したDeNAの守安社長は、IPによる差別化が最も分かりやすいと説明しました

モバイル端末向けのゲーム市場が過熱し、多くのゲームが次々に投入される中で、過当競争が激化している状況があります。たくさんのゲームがあり、基本無料でいつでも遊び始められ、いつでも簡単にやめられるという状況の中で、ユーザーに選んでもらう為には、どうやって他のゲームと差別化していくか、ということが非常に重要になっています。

そんな中、ある気になる発言がありました。それは、2015年3月17日に行われた、任天堂とDeNAの業務・資本提携共同記者発表における、DeNAの守安社長の発言です。守安社長は、「大量に提供されるゲームの中で利用者に遊んで頂くためには、他のゲームとは異なる明確な差別化要素が必要になってくるわけですが、最も分かり易い差別化要素がIPであると考えています。」と言っています。

【関連サイト】
任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表 プレゼンテーション(任天堂公式サイト)

IPというのはIntellectual Propertyの略で、日本語にすると知的財産、もっと簡単に言うと、この場合はゲームやマンガ、アニメといった作品のキャラクターや世界観などのことを言います。

なるほど確かに、既に人気のあるキャラクターが登場すれば、他のゲームと最も明確に違いを打ち出すことができるでしょう。しかし、実はIPが強烈な差別化要素足りえるにはいくつかの条件があります。そのことを踏まえると、守安社長のこの発言は、現状のモバイル端末向けゲーム市場を如実に表現していることが分かります。

キャラクターソーセージはなぜ売れるのか

キャラクターソーセージの図

キャラクターもののソーセージ、昔からありますよね

話を分かりやすくするために、ゲームではなく、ソーセージで説明してみたいと思います。ソーセージって昔から活用していますよね、IPを。キャラクターソーセージというやつです。仮面ライダーだったり、アンパンマンだったり、おなじみの商品ですね。

キャラクターソーセージを買う人は、なんでキャラクターがついているものを選ぶのでしょうか? 特別に美味しいからでしょうか、それとも好みの味付けだからでしょうか? おそらく違います。もちろんまずくては困るわけですが、基本的にはキャラクターが好きで買うのです。小さなお子さんが仮面ライダーのファンだから、ということで仮面ライダーソーセージが買われていくことは容易に想像がつきます。

この時、ソーセージの品質に求められるのは、無難であるということです。