トルココーヒーが買える/飲める、おススメショップ

ピエールロティ

最近ではトルココーヒー機も開発されているけれど、ぜひ昔ながらの方法で作ってくれるカフェに行ってみて(写真はピエールロティ厨房)

スタバも含め、トルコのカフェにはたいていトルココーヒーがあります。だけどやっぱり美味しい一杯が飲みたかったら専門店に行くのがベター。ガイドのおススメをご紹介します。

Mehmet Efendi

オスマントルコ帝国時代から続く、老舗中の老舗

メフメット・エフェンディ(Mehmet Efendi)
1871年から続く最老舗。それまでコーヒー豆は生で販売されていたものを、この店が初めて炒り、挽き、コーヒー粉にしてから客に販売し始めたことから、今でも「乾燥コーヒー屋、メフメット・エフェンディ」という名前がついています。エジプシャンパザール隣にある店舗は昔ながらのレトロな雰囲気がキュート。いつも行列ができている店ですが、対応が早いので順番はすぐに回ってきます。ドリンクインはなく、粉や関連グッズの販売のみです。最近では大手スーパーでも販売開始。
住所:Tahmis Sok. No:66, Eminonu, Istanbul
電話:0212-511-4262

 

Fazilbey

トルココーヒーだけのメニューでも、夜遅くまで客足は途絶えない

■ファズルベイのトルココーヒー(Fazil Beyin Turk Kahvesi)
アジア側のカドゥキョイエリアで人気のトルココーヒー専門店。トルコ的ノスタルジックな雰囲気の中で、美味しいトルココーヒーが飲めます。コーヒー粉も販売しているので、飲んだ後お土産にもいくつかみつくろって。
住所:Kadikoy Merkez Mah. Serasker Cad. No:1/A, Kadikoy, Istanbul
電話:0216-450-2870

 

Mandabatmaz

小さなお店なので、立ち飲みも多い

■マンダバトマズ(Mandabatmaz)
個人的にかなり好きなトルココーヒー専門店。イスティクラル通りからのびる小路沿いにある小さな店で、この道50年のジェミルさんが昔ながらの方法で作ってくれるトルココーヒーは絶品です。昼過ぎや夕刻には立ち飲みも出るほどの人気。
住所:?stiklal Caddesi, Olivyo Gecidi No:1/A Beyoglu, Istanbul
電話:なし

 

Pierr Loti

家族連れから恋人同士まで、金角湾の絶景を見に集まる

■ピエール・ロティ・カフヴェシ(Pierr Loti Kahvesi)
ピエール・ロティが愛した金角湾の景色を一望できるコーヒーハウス。かなり良心的な料金で素晴らしい景色も拝めるため、連日観光客から地元トルコ人たちまで多くの人でにぎわっています。伝統的な厨房で入れてくれるコーヒーが美味。
住所:Gumussuyu Cad. Balmumcu Sok. No:5, Eyup Istanbul
電話:0212-581-2696

 

Sarki Kahvesi

オスマントルコ帝国時代から時が止まったかのような空間

■シャルク・カフヴェシ(Sarki Kahvesi)
グランドバザール内にある老舗カフェ。グランドバザールでは珍しく広い面積を占めており、古き良き雰囲気の中でゆったりくつろげるところがお勧め。
住所:Yaglikcilar Cad. No:134, Isbank Yani, Kapalicarsi Istanbul
電話:0212-512-1144

 

Symbol Cafe

トルココーヒー占い師の一人、ネシルさん

シンボル・カフェ、タキシム店(Symbol Cafe)
タキシムにあるこのシンボル・カフェは、コーヒー占いでも有名。数人の占い師が常駐しており、トルココーヒーを飲み終わってからお願いすると占い師が来て見てくれます。最上階からはボスポラス海峡の絶景も。
住所:Istiklal Cad. Ayhan Isik Sok. No:23, Beyoglu Istanbul
電話:0212-292-5254

 

トプカプ宮殿で「トルココーヒーの500年展」開催中

トプカプ宮殿内にあるハス・アフルラルという別館では、「楽しみの一滴…… トルココーヒーの500年展(A drop of pleasure…… 500 years Turkish Coffee)」という特別展が開催されています。オスマントルコ帝国時代に使われていたトルココーヒーグッズやコーヒー職人の細密画、コーヒーカップなど充実した展示品が目白押し。トプカプ宮殿に行ったらのぞいてみて! 開催期間は2015年2月21日~6月15日。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。