漢字検定とは?

漢字検定(通称:漢検)は、財団法人 日本漢字能力検定協会が実施している検定試験で、年3回実施されます。個人と団体で検定日が異なりますが、個人受検の場合は2月、6月、10月に行われます。
漢検にチャレンジ!

漢検にチャレンジ!



受検資格はなく、子供でもお年寄りの方でも、誰でも受検することが出来ます。受検会場は全国各地の施設で行われますので、最寄りの会場で受検するとよいでしょう。

受検料は級によって異なります。詳しくは漢検のHPで確認してください。平成27年度からは検定料が改定されますので注意しましょう。
(漢検HP)
http://www.kanken.or.jp/kanken/

まずは漢検の級とレベルを知ろう!

漢検は10級から1級まで、12段階に分かれています。各級のレベルと合格基準、合格率、対象漢字数を以下にまとめます(合格率は平成26年度第2回のデータです)。

級   レベル   対象漢字数    合格基準   合格率   
1級  大学・一般程度  約6000字  200点満点80%程度  6.1%

準1級  大学・一般程度  約3000字  200点満点80%程度  18.5%

2級  高校卒業・大学・一般程度  2136字  200点満点80%程度  22.5%

準2級  高校在学程度  1940字  200点満点70%程度  37.2%

3級  中学校卒業程度  1607字  200点満点70%程度  46.2% 

4級
  中学校在学程度  1322字  200点満点70%程度  51.1%

5級  小学校6年生修了程度  1006字 200点満点70%程度  69.8%

6級  小学校5年生修了程度  825字  200点満点70%程度  76.3% 

7級  小学校4年生修了程度  640字  200点満点70%程度  83.6% 

8級  小学校3年生修了程度  440字  150点満点80%程度  79.9% 

9級  小学校2年生修了程度  240字  150点満点80%程度  87.7% 

10級  小学校1年生修了程度  80字  150点満点80%程度  93.8% 

どの級を受ける?

10級から5級までは小学校で習う学習漢字が対象で、それほど難しくはありません。4級と3級は中学校で習う漢字が対象で、このあたりから少しづつ難しく感じられます。

漢字は大体読めるけど、書くとなると少し自信がないという方はまずは4~3級から、漢字力にはまあまあ自信があるという方は準2~2級、テレビのクイズ番組の難読漢字もほとんど読めて漢字知識に強いという方は準1~1級をというように、それぞれチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

各級の実際の問題例にチャレンジ!