今回はこんな質問が届きました

Q.いつも勉強になっています。最近、顔のたるみが気になるので、ゆるんだフェイスラインに効果のあるメイク術を教えて下さい。(40代・会社員)


A.顔の中にチークで『V』ラインを作り引き上げるとアゴが細く、すっきりした顔立ちに見えますよ!

undefined

 

40代、肌のたるみが気になってくるお年頃ですね。皮ふがゆるみ肌のハリがなくなってくると、若いときはシャープだったフェイスラインも曖昧になってきます。スキンケアで肌のケアをするのが大前提。そのうえでメイクでたるみをカバーするおススメのメイク術は、顔の中に『Vの字』もしくは『逆三角形』のラインを作ること。つまり、口元を中心に頬骨に沿って『V』のラインを顔の中に作って、目の錯覚効果でアゴをシュっとさせ、すっきりと小顔に若々しくも見せればいいのです。

やり方は、まず口をすぼめます。飲み物をストローで強く吸うようにして下さい。そうすると頬が凹み、頬骨の高い位置から口元にかけて『V』ラインが出ますよね。その頬骨のラインに沿ってチークを入れます。この『V』ラインチークは、パウダータイプがおススメ。色は血色感のあるチークカラーと淡い柔らかい色のハイライトっぽいチークカラーの2色。それとブラシは小さいもので、通常私が「使わない方がいいですよー」と言っていたチークパレットに添付されてるブラシをあえて使います。小さくチョイチョイと動かすので、このほうが小回りがきいて、使いやすいのです。

スタート地点は頬骨の高いところ。ここから『V』ラインに沿って頬骨から1センチほど内側へブラシを動かしながら、ななめのラインにチークを入れます。下に少しずつ下がりながら3カ所。入れる範囲は目尻から小鼻のあたりまで。このときV字ラインとはいえ、頬の丸身に沿って少し曲線気味を意識して入れるとよいですよ。

横にちょっと動かし、下方向へ3段階で入れる。これで『V』ができたら、ブラシに残ったチークで、スタートした頬骨のいちばん高いところからハートを描く要領で、コメカミ、耳の横からエラにむかってさっとひとはけ。これで頬が自然に引き上がり、横顔の奥行きがつくれ、フェイスラインがキュッと上がって見えてきます。最後に、ハイライトっぽいチークカラーを頬の丸みにふんわりぼかせば、すっきりふっくらとしたチークメイクとなるんです。

ちなみに私は、普段からアゴやフェイスラインをしょっちゅう親指でグイグイ押しています。「ここがフェイスラインだよ」って物理的な刺激と脳に意識させるためにね。もともとの骨格もありますが、やるとやらないのでは、全然違います。ぜひ合わせて試してみて下さい。バカにならない効果です!

山本さんのおすすめアイテム

 

使えるチークとハイライトがセットに!ひとつでメリハリ小顔になれる。
ハイライトとチークとお好みで使えるお得なパレット。チークは混ぜて自分の肌色にチョイス。キュートなベビーコーラルは肌を選ばず誰にでも似合う。スリーインワン モデルリングフェイスブラッシュ 004/1620円(編集部調べ)/リンメル



 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。