欧米ではLGBTヘの取り組みをして「当たり前」

欧州や米国をはじめとした先進国では、LGBTsへの取り組みは活発に行われています。家具で有名なIKEAやジュエリーで有名なティファニーは同性カップルを広告で起用。多くの企業が人事方針や企業理念に「性的指向による差別を禁止する」といった文言を入れています。どの企業が取り組みをしているか、についてはHuman Rights Campaign という団体がCorporate Equality Index というレポートでLGBTへの取り組みをしているかどうか、独自の基準をもとに企業に点数付けをしているので、ぜひ御覧ください。

面白い例を一つあげますと、バーガーキングは以前「プラウドワッパー」というワッパーを出しました。プラウドワッパーの中身は普通のワッパーと何も変わらないのですが、包み紙がレインボー色なのです。食べ終わった時に、食べた人は「見た目が違うだけで、中身は同じ」という意味が込められていることに気づくという、とてもユニークなキャンペーンです。

欧州や米国では様々な企業がLGBTsに対して取り組みを行っていますが、日本ではまだあまり取り組みが進んでいるとはいえません。横並び的な発想が強く、私たちの方にもよく「他の企業はどうしていますか」という質問を頂きます。他の企業がやっていないことだからこそ、他の企業と差別化ができ、市場シェアを広げることができるのだと私は思いますが、多くの日本企業にとっては、なかなか先陣を切ることが難しいようです。

少し話はずれますが、どんなに態度としては寛容でも、無意識に、悪意なく差別的な言動や制度を敷いたりしていることがあります。よくある例としては、異性愛者のカップルを「普通のカップル」と言ってしまうことです。ここでいう「普通」という言葉の中には「ストレートが普通であってLGBTsは普通ではない」という意味が含まれていますので、当事者に不快な思いをさせてしまいます。

また、「うちはフラットな職場環境だしダイバーシティ重視してますよ」という日本企業の方に「では、結婚祝い金は異性カップルだけでなく同性カップルにも支給していますか?」と聞いて、初めて自社がLGBTsカップルにとって差別的環境にあったことに気づき、驚く方も多いです。

日本企業は、横並び的な発想をやめ、正しい知識と認識を持ってLGBTsという新たな世界に挑戦をすることで、人々に愛着を持たれ、大事にされる企業になり、結果的にそれが収益に結びつくのだと私は思います。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。