修繕がすすむ頤和園・后山后湖景区、ニュースポット続々登場

頤和園「万寿山」

有名な万寿山の南側の風景。今回はこの後の北側に注目

頤和園「智慧海」

万寿山山頂にある寺院・智慧海。ここから北側を后山后湖景区と呼ぶ

頤和園といえば、仏香閣や長廊、石舫などメインスポットが点在する、万寿山の南一帯が有名ですが、実は最近、万寿山の北側の「后山后湖景区」と呼ばれるエリアの修繕がすすみ、新たな見所として注目が集まっています。このページでは、そんな頤和園の新しい魅力をご紹介します。

頤和園の基本情報や定番コースについては「東京ドーム62個分!中国最大の皇室庭園・頤和園の魅力」をどうぞ。

<DATA>
頤和園
住所:海淀区頤和園
TEL:010-6288-1144
入場&料金:4~10月 6:30~18:00(観光スポットは8:30~17:00)、30元(フリーパス60元)/11~3月 7:00~17:00(観光スポットは9:00~16:00)、20元(フリーパス50元)
※本ページで紹介する后山后湖景区観光はフリーパスではなく、まず入場券を購入し、歩きながら、観たいスポットが出てきたら再度チケットを購入するほうがお得。ちなみに各観光スポットのチケットは、文昌院20元、仏香閣エリア10元、蘇州街10元、徳和園5元
アクセス:地下鉄4号線「北宮門」駅から新建宮門まで徒歩30分、東宮門まで徒歩15分、北宮門まで徒歩1分。后山后湖景区観光の場合、北宮門から入園して、気ままに歩きながら、最終的に一番近い門から出る

頤和園の后山后湖景区とは?

頤和園「地図」

頤和園の地図(チケット売り場で販売/10元)。后山后湖景区の情報満載

頤和園「地図」

今後も修繕がすすみ人気が高まりそうな后山后湖景区

頤和園は右の地図をみるとわかるように、昆明湖とその北側の万寿山から成り立っています。そして、万寿山の北側一帯は「后山」と呼ばれ、「后湖」とは頤和園の北端を流れる小川のこと。この二つを併せた、右地図の赤い線で囲まれたエリアが、「后山后湖景区」と言うわけです。

メインスポットが集中する万寿山の南側と違って、后山后湖景区は、今まさに修繕がすすめられている新しいスポット。ガイドブックにはまだ紹介されていないお宝がたくさん存在しています。

后山后湖景区の魅力

頤和園「后山后湖景区の東屋」

歩いているとふと現れる昔のままの建造物

頤和園「后湖」

后山后湖景区北部を流れる小川・后湖。人気のない贅沢な空間

歴史遺産の宝庫北京は現在、国内外からの観光客で一年中賑わっていて、観光地はどこも人で溢れんばかりです。世界遺産の頤和園はもちろん、一年中観光客でいっぱいです。特に、春から秋のトップシーズンは、満員電車のように込み合って、歩くのもままならないこともしばしば……。

それに比べ、后山后湖景区は、まだまだ”知る人ぞ知る”的な存在なので、歴史の面影を感じながら、ゆったりと散策を楽しむことができます。しかも、后山后湖景区の観光スポットは、メインの見所として知られる智慧海、四大部洲、蘇州街のほかにも、質の高い建造物が少なくありません。