子供の中には、攻撃的だったり、残虐だったり、危険にさらされる場面でもスリルを好んで衝動を抑えられなかったりといった「問題行動」を起こし易い遺伝子を持って生まれてくる子がいます。そんな子を持つ親御さんは「『子供は天使』だなんてウソでしょ。だって、この子......」と子供の言動にぎょっとしたり、「この子、大きくなったらどうなっちゃうんだろう?」と、心配になったりすることもあるでしょう。

しかしこれまでの研究で分かっているのは、例えそうした遺伝子を持つ子も、育つ環境によって、健やかに伸ばしていくことができる、ということ。去年スウェーデンで行われた研究とともに、「難しい子」が親と良好な関係を築くことを助ける「PRIDEスキル」についてご紹介します。

良好な親子関係が「難しい遺伝子」を持つ子を健やかに伸ばす

去年スウェーデンで行われた研究(*)から、興味深い結果が報告されています。1,337人の17歳から18歳の高校生に、自らの家族関係やトラウマ体験、そして犯罪歴についてのアンケートに答えてもらいます。同時に、それぞれの高校生の唾液を採取し、DNAを調べました。 そして「問題行動と結びつき易い」とされる以下の3つの遺伝子タイプを持つ生徒に着目します。

1. モノアミン酸化酵素A (MAOA) 遺伝子不活性タイプ

一般に「好戦タイプ」と呼ばれます。男性をより攻撃的にさせます。

2. 脳由来神経栄養因子 (BDNF) 遺伝子不活性タイプ
攻撃的な仲間にさらされると攻撃的になり易いことが分かっています。30パーセントの人がこのタイプとされています。

3. セロトニントランスポーター5-HTTLPR遺伝子不活性タイプ
一般に「スリルを求めるタイプ」と呼ばれます。衝動的で注意散漫なところがあり、反社会的で攻撃的な行為を起こし易いとされています。20パーセントの人がこのタイプです。

これらの遺伝子タイプとは、20-30パーセントという数字が示すように、決してそれほど「珍しい」わけではないんですね。10人の子がいれば、2-3人はこのタイプということですから。

アンケートと遺伝子タイプとを調査した結果分かったのは、3つの遺伝子タイプを持つ生徒が、家族関係での葛藤や虐待を体験する時、犯罪に走るケースが多くなるということです。それでも、ポジティブな親子関係を築けている場合は、問題行動を起こすケースが格段に減ったのです。3つ全ての遺伝子タイプを併せ持った生徒であっても、温かくポジティブな親子関係を築けている場合は、ほとんど全く問題行動や犯罪に走るケースは見られなかったと言います。

つまり、例えどんな遺伝子や特性を持って生まれてきたとしても、温もり溢れた良好な親子関係を築くことで、その子を健やかに伸ばしていくことができるということですね。

>>「難しい子」が親と良好な関係を築くことを助ける「PRIDEスキル」とは?