50年かけ世界各地で続けられている子育てスタイルの研究

子育てスタイルの研究

50年かけての研究から、子供が最も健やかに育つ子育てスタイルというものがあると分かっています。

子育てに正解はない。確かにそうですよね。子供によって個性も様々なのに、外交的でやんちゃなA君を伸ばす方法が、内向的で大人しいB君にそのまま当てはまるなんてこと、とても不自然に見えます。それでも、そうした多様な個性の土台に、これだけは共通して心に留めておいた方がいいかなということも、またありますね。「子育てスタイル」についての研究も、そんな土台の1つと言えるかもしれません。

これまで50年近くかけての心理学や人類学の研究の積み重ねの中で、子供が知的面、情緒面、社会面全てにおいて、最も健やかに育つ「子育てスタイル」というものがあると報告されています。しかもそのスタイルとは、同じ文化背景に暮らすA君やB君だけでなく、地球上様々な地域の大きく異なる環境に育つ子供達、例えば翔太君や美咲ちゃんやジョージ君やホルヘ君やオルガちゃんやムハンマド君を調べてみても、より優れたスタイルである場合が多いということが分かっています。

心理学者バウムリンド博士の研究に基づく4つの子育てスタイル

「子育てスタイル」の研究は、 1966年に心理学者ダイアナ・バウムリンド博士によって始められました。バウムリンド博士は、親の子供に対しての「責任感」と「要求」の度合いに基づいて、「3つの子育てスタイル」を提唱しました。その後、「もう1つのスタイル」が加えられ、現在「子育てスタイル」の研究では、子育てというものは、だいたい大きく分けて次の「4つのスタイル」で、説明できるのではないかと考えられています。 

1. 消極的子育てスタイル (Permissive Parenting Style)
子供の意向中心に物事を進め、リミットを設定し守らせることに消極的な受身スタイルです。子供の感情的ニーズを包み込むといった温かみがあります。

消極的子育てスタイルで育つ子供は、大きくなってから不安感やうつに悩むことも少なく、自己評価も高い傾向にあります。ところが、様々な誘惑に負け易く、何かを成し遂げるということが難しいとされています。

2. 独裁的子育てスタイル(Authoritarian Parenting Style)
子供の意向や感情的ニーズに関わらず、有無を言わせず頭ごなしに子供を従わせるスタイルです。従わない場合は、罰を持って接します。

独裁的子育てスタイルで育つ子供は、一見行儀良く「いい子」に見えますが、社会的なスキルが欠けていたり、将来的にも、不安感やうつや自己評価の低さに悩むことが多いとされています。

3. 民主的子育てスタイル(Authoritative Parenting StyleまたはDemocratic Parenting style)
子供の意向を尊重しつつ、かつリミットを設定し、ルールを守るよう促しながらも、親が期待することの理由を説明し、子供の感情的ニーズにも責任を持って寄り添うスタイルです。

民主的子育てスタイルで育つ子供は、よりハッピーな気質を持ち、感情を自制でき、優れた社会性に恵まれ、自分の能力にも自信を持つと、多くの研究が示しています。

4. 無関心な子育てスタイル(Uninvolved Parenting Style)
衣食住の供給といった最低限のニーズを満たすものの、リミットの設定にも子供の感情的ニーズにも無関心なスタイルです。

無関心な子育てスタイルで育つ子供は、知的面、情緒面、社会面のあらゆる面に凹みが見られるといいます。非行に走る子供の多くが、このスタイルの家庭で育つとされています。

>>>では、あなたの子育ては、どんなスタイルでしょう?