自然体験が子供に与える影響とは?

枯葉と少女

自然に触れることは、子供にとってどんな影響をもたらすのでしょう?

「子供にとって自然体験は大切」 何となく、そう思われている方も多いのではないでしょうか。では自然体験とは 具体的に子供にどんな影響を与えるのでしょう?いくつかの研究を基に、みてみましょう。

■心の健やかさを促進します
自然の中で過ごすことが、大人のストレスを緩和するという研究は多くあります。では子供にとってはどうなのでしょう?コロラド大学の研究によると、学校の敷地内に樹木や草花など自然に触れられる環境があることで、子供のストレスや集中力の欠如が緩和されるといいます。また自然体験は、昨今増加傾向にあるとされるうつや不安感を改善すると示す研究も多くあります。

■創造性が培われます

ユタ大学の研究によると、被験者に、電子機器から離れ4日間自然の中で過ごしてもらったところ、創造力をはかるテストのスコアが50パーセント上昇したといいます。

■認知力が高まります
カリフォルニア大学のナンシー・ウィール博士の研究によると、自然に触れることは、認知機能を高める効果があるとのこと。またスペインのバルセロナの36校に通う2,593人の子供を対象にした研究では、自然に触れる機会がよりある子供ほど、メンタル面が健やかなだけでなく、認知力も高かったと報告されています。

■「注意欠陥・多動症(ADD/ADHD)」の改善
10年以上かけ「注意欠陥・多動症(ADD/ADHD)」と診断された子供たちと自然環境との関係について研究を続けるイリノイ大学教授のフランセス・クオ氏とアンドレ・アフェイバー氏によると、自然に触れる機会をより多く持つことで、著しい症状の改善がみられたといいます。

■身体の健やかさを促進します
澄んだ空気は子供の喘息を緩和し、遠くの山々や水平線を眺めることは、視力低下を防ぐとされています。またテネシー大学の研究によると、丸太などの自然素材が用いられ、木々や草花などの自然に触れられる遊び場は、そうでない遊び場より、子供たちはより活発に遊ぶとされています。こちらの記事で紹介したように、昨今、子供の運動不足は深刻な問題となっています。自然に触れることは、運動不足解消にも繋がり得るんですね。

また英国コベントリー大学によるこんな研究もあります。9-10歳児を対象にした実験です。ひとつのグループには、森の風景の映像を見せながら、もうひとつのグループには、視覚的刺激を与えず、屋内で15分間サイクリング運動をしてもらいます。すると、自然の風景を見ながら運動した子の方が、血圧の低さなど、より健やかな運動効果を見せたといいます。自然をバーチャルに体験するだけでも効果があるというわけです。

■自然や地球を大切にしようという気持ちが養われます
コーネル大学の研究によると、子供時代、キャンプやハイキングなど定期的に自然の中で遊んだ体験を持つ子供は、そうでない子供よりも、大人になってからより自然や環境を尊重する傾向があるとのことです。

以上のように、自然に触れることは、子供の心・脳・身体の全てにとって、健やかな影響をもたらします。


0歳からでも自然に親しみむべき理由

小さい時期から自然に親しませたいもの

小さい時期から自然に親しませたいもの

また0歳からの乳幼児にとっても、自然は5感に無理のない「刺激」に溢れています。車のエンジン音などの人工的な騒音ではなく、鳥のさえずりや葉の揺れる音、樹木の枝や葉を通すことで和らぐ陽光、緑や花の香り。赤ちゃんも心地よく疲れ、その後もぐっすりと寝てくれるでしょう。早い時期から自然に親しむことで、物心ついてからも、すんなりと自然に馴染むことができます。上にあげたコーネル大学の研究にあるように、今目の前の子供たちに自然体験を促進することは、その次の世代へと健やかさを繋げることにもなります。

現代では、一昔前のように、近所の野山や林を駆け回って遊ぶといった環境にはない子供たちも多くいます。またテレビゲームやインターネットの影響で、自然体験よりもスクリーンに向かっていた方が楽しいと思う子もいるかもしれません。子供が自然に触れる機会をより多く持つために、周りの大人に何ができるでしょうか?

次のページでは、子供が自然体験を楽しむための工夫を紹介します。最初は自然を嫌がる子にも、「楽しい!」と感じる体験を重ねることで、抵抗する気持ちをほぐしてやりましょう。

>自然体験を楽しむための「10の工夫」とは?