習い事の位置づけをどう考えるか

習い事は「居場所」、友だちとの関係だって大事!

習い事は「居場所」、友だちとの関係だって大事!

子どもの習い事とは、親の意図であったり、子ども自身が好きでしていたりするものですが、もう一つ、共働き家庭が増加しているという背景から、子どもの放課後の過ごし方の選択肢の一つとしても認識され、だから共働き家庭にもしっかりとした習い事ニーズがあるのです。あるいは、親世代もそう育ってきたからそれが自然であるとして、もっとシンプルな動機で考えているひとも多いでしょう。

また、習い事と言うと、つい学校生活の補完的なもの、付随するものと考えがちですが、子どもにとって家庭と学校以外に居場所がある、自分の好きなことをできる場所があるというのは、実は大事なことでもあります。自分の得意なことを自覚し、色々な場所で友人をつくり、色々な先生、大人がいることを知ることのできる場所。習い事は、たとえば中高生にとっての部活のように、純粋なお稽古以上の意味をもつことがあります。都会の子ども生活においては、習い事はもう不自然なことではないのです。

では、習い事はいくつが適正?

ぼーっとする時間だって、子どもには刺激いっぱいの時間

ぼーっとする時間だって、子どもには刺激いっぱいの時間

平日5日間、毎日何かしらの習い事があるような状態は、もしそれが自分に降り掛かったらと考えると、私は個人的にぞっとしてしまいます。子どもには、新しい知識や人間関係などの刺激はもちろんあって望ましいと思いますが、同様に、ゆったりとした時間の中であれこれ想像したり、物事を頭の中でまとめたりといった、傍からは一見何もしていないように見えても頭の中では色々なことが音を立てて起こっている、とても豊かな時間も必要だからです。

以前、ワンストップ型の高級民間学童の経営者が、非常に仕事のできる保護者が小学校低学年の自分の子どものタイムテーブルを見て「この曜日のこの時間とこの時間には何もお稽古が入っていなくて、それではただ『いる』だけになってしまうから、何か習い事かアクティビティを入れて欲しい。もうやることがないなら何か新しいアクティビティを開発して欲しい」と要求してきた、とこぼしていました。

「パラパラと本を読んだりスタッフや友だちとのんびり話をしたりしていて、それが子どもにとって落ち着く時間であることも多いのに、それをただ『いる』だけと感じるのは、スタッフとして残念だ。ワーカホリックの感覚で、子どもの時間が24時間常に何かのアクティビティに占められてスケジュールが真っ赤な状態が充実していると考えるのは、違うのではないか」という話でした。

ワンストップ学童のような「保けいこ」を選択するにしてもそうでないにしても、小学生のような小さい子どもの習い事は、暮らしのエッセンスでいいのではないかと思います。毎日いくつも掛け持ちするような状態は、大人だってイヤですよね。楽器のお稽古には家庭での練習もつきものですから、習い事を一つしているだけでも家庭に持ち帰る作業があるものです。習い事が学童とセットになっているとしてもせいぜい一日おき、何か習い事をしたら翌日はぼーっとできる時間が持てるような、週2、3日程度で充分なのではないでしょうか。

選択肢が多くなるとあれもこれもと欲張りたくなる気持ちがむくむくと現れるものですが、大人の自分ではなくて幼く体力もない子どもの立場になって、負担感なく楽しめる習い事を一緒に考えてあげるのがいいでしょう。周りがやっているから、不安だから、お得だから、などと習い事に振り回されるのでなく、親子が主体的に習い事を選ぶことができれば、親子にとって満足度の高い習い事ライフを送ることができるのではないかと思います。

あわせておすすめ:
ワーママを悩ませる「小1の壁」の乗り越え方
最新版!子供の習い事人気ランキング




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。