松川沿いのソメイヨシノ460本のトンネルを遊覧船で行く

解説画像

富山弁ガイドも楽しみの1つ


富山市内の中心部には富山城の跡地があり、その脇に松川と呼ばれる小さな運河が流れています。今回はその運河の歴史からお話をさせてください。

岐阜を源流に富山県を流れる大河、神通(じんづう)川は、現在こそ富山湾へと一直線に流れ込んでいますが、昔は市街地で大きく蛇行しており、たびたび洪水を起こしていました。

そこで蛇行部分を埋め立てて、富山湾に一直線に流してしまおうという壮大な工事、馳越線(はせこしせん)工事が1901年に行われ、その大河の名残として松川が残りました。

現在でも川幅10m程度の流れが、市街地を緩やかに流れています。その松川べりには460本のソメイヨシノが植えられたため、春になると満開の桜がどこまでも続く圧巻の景観が生まれました。

壮大な桜並木は「日本さくら名所100選」にも認定されています。そして、満開の桜のトンネルを船で往復する松川遊覧船のツアーは座席を求めて長蛇の列ができるほどの人気です。

乗船をするとガイドを兼ねた船長が、富山や松川、市街地の建物の歴史を富山弁で教えてくれます。川べりを歩く人が手を振り、遊覧船の乗客も手を振り返す、とてもすてきな30分間が待っていますよ。

○お花見遊覧船

所要時間:約30分
料金:大人1,500円、子ども750円(3歳から小学生まで。幼児1名までは無料)
運休日:桜の開花中は休みなく運行(※雨天は運休)
運行時間:(平日)9:30~17:00(土日)9:00~17:30
※予約センター(事務所)
電話:076-425-8440
富山観光遊覧船ホームページ

次のページでは、松川遊覧船ディナークルーズについてご案内します。