本格的にキャラクタービジネスに乗り出した任天堂

スマホで遊ぶマリオとリンクの図

あのスマートフォンの人気タイトルともコラボ?

Intellectual Property、略してIP、日本語訳すると知的財産、任天堂は2014年1月30日に行われた経営方針説明会及び第3四半期決算説明会で、これを今後は積極的に活用していくと宣言しました。これはつまり、ライセンス事業を強化するということです。

任天堂はゲームから生まれる大量のキャラクターを財産として抱えていますが、その活用には非常に慎重な姿勢を見せていました。ライセンス事業は、自社で製品を作らなくても、キャラクターなどを貸し出すだけで利益が生まれ、また、多様な商品が世に出ることでゲームの認知度も高まるなど、多くのメリットがあります。しかし、安易なキャラクター商品の氾濫は、消費のスピードを早め、かえってキャラクターやゲームの価値を下げる可能性がある、そう考えて非常に慎重に行っていたんですね。

しかし任天堂はそのリスクをとってでも、任天堂のキャラクターをゲーム以外の場でも広く目にする状況を作り、そのことによって新たな利益を生むという選択をしました。

さて、この試みは上手くいくのでしょうか。成功のカギはどこにあるのでしょうか?

amiiboにベンツにパズドラ

amiiboの図

amiiboは2014年末までで、全世界570万体を出荷しています。すごい数ですね

IP資産活用に関する任天堂の大きな取り組みの1つは、ライセンス事業ではなく、自社でIPを活用する例を作ることでした。それが「amiibo」です。マリオやリンクなどの任天堂キャラクターのフィギュアなんですが、Suicaなどで使われている近距離無線の技術が組み込まれていて、これをWii UやNewニンテンドー3DSにピッとかざすことでデータのやり取りができるというアイテムです。

もちろん、自社での活用だけではありません。2014年5月からはメルセデス・ベンツ日本の新型コンパクトSUV「GLAクラス」とコラボ。ベンツのCMにマリオが登場したり、逆にWii Uで発売されたマリオカート8にGLAなどのベンツのカートが登場し、話題になりました。

さらには、2015年1月に開催されたガンホー・オンライン・エンターテイメントの新作発表会では、パズル&ドラゴンズ(以下パズドラ)とマリオのコラボするニンテンドー3DS用ソフト「PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION」が4月29日に発売すると発表されました。スマートフォンで圧倒的な人気を誇るパズドラとマリオのコラボということで、こちらも大変な話題になっています。