セカオワの次はきゃりー

1月に「セカオワはテクノポップですか?」という記事を書きましたが、新しい質問が寄せられたので、記事にします。

今回の質問は以下となります。
きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「もんだいガール」のイントロ部分が、「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズの戦闘曲と似ているとネットで話題ですが、どうなんでしょうか?

セカオワの次にきゃりーが来たのは、単なる偶然です。正直なところ、「作曲した中田ヤスタカさんに訊いてみてください」と言いたいですが、何かが紐解ければと思い、僕なりの見解を書いてみます。


もんだいガール vs. ファイナルファンタジー

先ずは、こちらが、問題の「もんだいガール」です。フジテレビ系ドラマ「問題のあるレストラン」の主題歌になっており、3月18日発売予定となります。

もんだいガール(初回限定盤)(袋とじ仕様ポスター付き)(DVD付) (amazon.co.jp)
mondaigirl

もんだいガール


もんだいガール (YouTube)

FFの「戦闘」のテーマ曲は、シリーズで複数のヴァージョンが存在しますが、今回は「FF IX」を選びました。

FINAL FANTASY IX ORIGINAL SOUNDTRACK (amazon.co.jp)
ffost

FINAL FANTASY IX ORIGINAL SOUNDTRACK


Final Fantasy IX - Battle Theme (YouTube)

「もんだいガール」のイントロ部分は、BPMもアレンジも違いますが、FF戦闘曲に確かに似ていますね。最近、ソ連のパクリ疑惑曲について書きましたが、それらは曲全体が拝借されていると思われるので、それらとは全く違うレベルです。もし意図的だったしても、「ワンフレーズ引用」レベルです。

共産テクノ番外編:ソ連のパクリ疑惑黒歴史 (All Aboutテクノポップ)

仮説を作るため、もう少し、他の中田ヤスタカ作品を調べてみましょう。