「Re+g(リプラグ)」から2015年春の新作が2つ発表

「ダイアリー」と「付せん」を合体させた「Tag Schedule」、アルバムのような名刺ファイル「Log Book」など、これまでのアイテムにひと技を加えたアイテムを展開しているデザインステーショナリーブランドRe+g(リプラグ)。

このほど、2015年春の新作が2つ発表された。いずれも、なるほどこれは便利!と思わせてくれるものだった。

ペンスタンドを持ち運ぶ

Re+gundefinedパンタグラフ

「パンタグラフ」ホワイト、ブラック各1,800円+Tax(予定)。
収容できるペンは16本。
 

これは紙製のペンスタンド。紙とは言え「気包紙」というパッケージなどによく使われるしっかりとした厚みの紙なので、弱々しさは感じられない。「パンタグラフ」という名のとおり、フラットな状態から広げて使う。広げただけではグラグラしてしまうので、底面にフタを取り付ける。

Re+gundefinedパンタグラフ

広げて底面をセットするだけ


折りたためるということでの最大のメリットは、デスクから外に持ち出して使えること。たとえば、イラストレーターの方は出先でも絵を描く機会は多い。たくさんのカラーペンを出先に持って行って使う際、これまでならペンケースに入れて、そこからガサゴソと必要なペンを取り出す必要があった。この「パンタグラフ」を使えば、デスクと同じ環境でたくさんのペンを使いこなせる。

Re+gundefinedパンタグラフ

仕様は変わるかもしれないが、こうした携帯ケースが付属される


1本1本の収納スペースは独立しているので、いつもと同じレイアウトにペンをセッティングできて便利だ。イラストレーターだけでなく、日頃からたくさんのペンを使い分けていてデスク以外でも仕事をするという方にもきっと役立つアイテムになると思う。


Web型定規/WEBクリエーターのためのテンプレート

Re+g(リプラグ)2015年春の新作、もう1つがこちら。主に製図の時に使われるテンプレートで、図面の中でよく書き込む記号や線がテンプレートの溝をなぞるだけでキレイに素早く描くことができるものだ。

Web型定規/Webクリエーターのためのテンプレート

「Web型定規/WEBクリエーターのためのテンプレート」ホワイト 1,500円+Tax。ブラック、レッド 2,000円+Tax。


このテンプレートは製図用ではなく、Webクリエーター専用。3:4、16:9といった基本的な画面比率をはじめ、フォルダー、カート、メールといったWebではよく登場するアイコンが色々と揃っている。

フリーハンドで描くよりもわかりやすいものに仕上げることができる。Web制作者に限らず、仕事でWebやSNSの企画をする人たちにも、これは便利に使えそうだ。

Webクリエーターのためのテンプレート

素材は、デルリン板と呼ばれる強度のある樹脂。ギターのピックによく使われるものだという。ほどよくしなる。


Webクリエーターのためのテンプレート

ペン先が細いシャープペンを使うのがオススメ


■関連リンク
Re+g(リプラグ オンラインショップ)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。