たった1日ですべてが変わる、そんな運命を信じる!

前回の記事「20年来の“初恋”を結婚に導く、運命の不思議なチカラ」では、中学時代の初恋の彼と、当時の恋愛は上手くいかなかったけれど、結果的に生涯を共にするパートナーとして再会を果たした薫さんの素敵なストーリーをお届けいたしました。

薫さんの話を聞いて思ったことは、「本当に、たった1日で、運命はすべて動く」ということです。だから、今あまり恋愛がうまくいかずに悩んでる人も、結婚で最高の幸せを手に入れるということは誰にでも起こる、と信じて欲しいと思います。

//

運命の相手はすでにあなたのソバにいるかも知れない

今回のモデルである薫さんも、ボクと出会った頃はまさにその恋愛がうまくいかない渦中にいました。そして、その運命的な彼との14年ぶりの再会から、わずか半年で結婚へ至ります。

今回は彼女が「恋愛ライフデザインセミナー」受講後に、新たな恋の予感を信じて、当時付き合ってた彼と別れ、結婚を手に入れることになるまでの心情の変化や行動を探ります。

実際に幸せな結婚をした今だから言える、リアルな声としてインタビューをお届けします。

初恋の人をすぐに恋愛対象として見ることはできるのか?

――改めてよろしくお願いします。前回は2人が再会するところまでのお話を聞かせていただきましたが、よく何年かぶりの再会の場合には「相手のイメージが変わっていてガッカリ」なんて話も聞きます。実際、14年ぶりに会った彼の印象はどうでしたか?

薫さん(以下、同):待ち合わせ場所で彼を見つけた時はすぐわかりました。嬉しいことに全く変わってなかったので。再会した時は、昔好きだった人だし、とてもドキドキしました

――昔好きだったとはいえ、すぐに恋愛対象として見れましたか?

その翌週に早くも2回目のデートをして、そのさらに1か月後に3回目のデートをしたのですが、この間、私は今の彼が好きなのか?それとも昔、好きだった記憶に浸ってるだけなのかな?そんなことにちょっとだけ悩みましたね。

――その運命の彼と再会する直前に出会っていた、もう一人の気になる男性への気持ちはどうだったのですか?

はい、ちょうどその人とうまくいかなくて落ち込んでいたのが10月頃で…。その直後の11月に彼と再会して。だから少しだけ自分の気持ちの整理も含めて、悩んでしまった時期だった気がします。

――そんな二人が最終的に付き合うことになるきっかけは何だったのですか?

その3回目のデート(12月)までに、お互いのこれまでの仕事や恋愛のことを色々話しました。 わずか1か月という短い期間にも関わらず、お互いがきちんと向き合えた時間だったのが良かったと思います。

――20年来の出会いから、劇的なメール、再会、その瞬間から必然的に2人の未来へと、どんどん導かれていくように感じますね。

実際、3回目にデートした際、お互いに好意や信頼があるということを確認し、彼から今後どうしようかという話がでました。その時に2人でしっかり話し合ったのは、このまま友人としてもう少し付き合っていくか、それとも彼氏彼女として付き合っていくか?ということでした。

>>続いて、結婚を意識した彼女が伝えたハッキリした意思とは?