美肌のため…強アルカリ性温泉のススメ

とき川入口

とき川エントランス

各メディアにおいて「美人の湯」という言葉がだいぶ浸透してきましたが、この「美人の湯」である要素の一つに、強アルカリ性の温泉があります。pHとは液体の中に何が含まれているのかということを知るために必要な単位ですが、数字が小さい程強い酸性泉、逆に高い数値になれば強アルカリ性の温泉ということ。アルカリ性の数値が高いともちろん美肌効果も高くなるのですが、浴感としてはトロトロの化粧水に浸かっているかのよう。

では、その日本一強アルカリ性の温泉がどこにあるのか?意外かもしれませんが、実は東京から車で約1時間、埼玉県比企郡ときがわ町にあります。その、ときがわ町にある旅館とき川の温泉が、日本で一番強アルカリ性の温泉なんです。数値はなんと!pH11.3という驚異的なpH値!!

旅館とき川とは一体どんなところなのか? 徹底的にご案内します。

日帰り利用のみで1日4組限定の秘湯

埼玉県中央部、関越自動車道東松山ICから20kmのところに位置する埼玉県比企郡ときがわ町。東京からあっという間の1時間にもかかわらず、ちょっとした秘湯気分を味わうことができ、自慢のお料理に舌鼓を打ちながら、日本一の強アルカリ性温泉に浸かるという、なんとも贅沢な時間が、旅館とき川で実現できます。旅館とついていますが、現在は日帰り利用のみで1日4組限定。(昼2組、夜2組の計4組)
貸切4時間

部屋は貸切


温泉のみの利用は不可。旅館とき川自慢の柚子薬膳料理のコースと温泉がセットとなっています。昼、夜ともに4時間の貸切制でお部屋を使ってゆっくりと寛ぐことができます。

お茶

本格的なお抹茶


お食事の前に、まずは本格的なお抹茶と旅館とき川オリジナルのゆず羊羹でおもてなしされます。ゆず味の羊羹はゆずのほどよい酸味が爽やかでした。

次のページで日本一の強アルカリ性温泉をご紹介します!