サン・クレメンテ島そのものがヴェネツィア最高のホテル

Isola di San Clemente

ヴェネツィアの離島サン・クレメンテ島に浮かぶホテル「サン・クレメンテ・パラス」 (c)Ewa Kawamura


naevetta

サン・マルコ広場とサン・クレメンテ島の間を運航するホテル宿泊客専用ボート (c)Ewa Kawamura

このホテルは、ヴェネツィア本土ではなく、ラグーン(潟)に浮かぶ小島、サン・クレメンテ島(Isola di San Clemente)にあります。ここは、もはやホテル専用の島と言ってよいでしょう。観光の中心のサン・マルコ広場から、サン・クレメンテ島まで、宿泊客のための無料専用ボートが、定期的に運行されています。5分ほどで、本土へアクセスできるので、とても便利な上、喧騒から離れ、他では味わえないゆったりとしたラグジャリーな滞在が楽しめます。

ザ・セント・レジス・ヴェニス「サン・クレメンテ・パラス」

Sala colazione

サン・クレメンテ・パラスの朝食の間 (c)Ewa Kawamura


corridoio

元修道院ならではの長い廊下 (c)Ewa Kawamura

サン・クレメンテ島は、おもに修道院と教会、その広大な庭から成っている島で、 2003年、これらの歴史的建造物とともに島ごと、ホテル「サン・クレメンテ・パラス」になりました。格付けは5つ星+Lクラス。現在スターウッド・ホテル&リゾートの最高級ブランド「セント・レジス」に属していて、ヴェネツィアという土地柄、そのなかでもとくに強気の価格設定になっていますが、一度は泊まってみる価値のあるホテルです。

un angolo

サン・クレメンテ・パラスの一角 (c)Ewa Kawamura

島で最も古い建物は、サン・クレメンテ教会で、建立は1131年に遡り、現在のファサードは1485年、ヴェネツィア建築でよく用いられる白いイストリア石で造られたルネッサンス様式となっています。客室やレストランのあるピンク色の建物は、1645年からカマルドリ会派の修道院だったところを改装したものです。元修道院ですから、ホテルの客室の窓はあまり大きくなく、バルコニーもないにもかかわらず、上品な家具とインテリアのために、高級感が非常にうまく演出されているのには驚くばかりです。

かつての修道院は、ホテルになる前にはなんと…

camera

サン・クレメンテ・パラスの客室 (c)Ewa Kawamura


piscina

サン・クレメンテ・パラスのプール (c)Ewa Kawamura

ナポレオン政権期の1810年、修道会は廃止になり、オーストリア統治時代の1873年、この元修道院は、女性患者専用の精神病院に転用されました。1992年まで精神病院として使用されており、ここは、ムッソリーニの恋人イーダ・ダルザー(またはダルセル)(1880-1937)が入院、一生を終えたところでもあります。一流シェフのグルメレストランや快適なプールなど、至れり尽くせり完備されたこの美しいホテルには、そんな深い歴史も潜んでいるのでした。

facciata

サン・クレメンテ・パラスのファサード (c)Ewa Kawamura

<DATA>
San Clemente Palace(サン・クレメンテ・パラス)
住所:Isola di San Clemente, 1, 30124 VE
TEL:+39 041 475 0111
料金:690ユーロ~



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。