デザインフィルによる新ショップ「TOUCH & FLOW」

2014年12月12日に湘南にオープンした「SHONAN T-SITE」。代官山の蔦谷書店のようなゆったりしたブックストアを中心に、30店もの様々なショップが集合した文化複合施設だ。

その中にデザインフィルによる新しいショップ「TOUCH & FLOW」がある。大人のためのステーショナリーがセレクトされている。「書く」ことで新たな発見がある「現代の文化的よろず屋」がコンセプトだという。

TOUCH & FLOW

「TOUCH & FLOW」の店内。
ショップは大きくはないが、落ちついた空間にセレクトされたペンや紙製品をはじめ、面白いところではチョコレートなどもある。

TOUCH & FLOW

TOUCH & FLOW のロゴマークは独楽。独楽は紀元前1500年頃から存在し、今でも子供たちの遊び道具でもあり続けている。過去と未来をつなぐ象徴として選んだという。



リラックスしたアイデア発想に

TOUCH & FLOW スケッチノート

TOUCH & FLOWを代表するオリジナルステーショナリー「スケッチノート」


この「TOUCH & FLOW」には、ここでしか買えないショップオリジナルのステーショナリーがいくつか用意されている。その代表的アイテムが「スケッチノート」だ。

サイズはB6。A5サイズよりひとまわり小さく、コンパクトでありながら、かと言って小さすぎずほどよいサイズ感だ。大きなフラップがあるのでノートカバーというよりも、小さなドキュメントケースのような佇まいがある。

そのフラップに手をかけると、小さいながら存在感のある留め具に気づく。真鍮を削りだして作られている。きっと使い続けていくと、いい感じの曇りがあらわれてくるのだろうと期待が膨らむ。

TOUCH & FLOW スケッチノート

真鍮の無垢材で作られたボタン。使うたびに手が触れるので経年変化が楽しめる。


広げると、次に感じるのが使い込んだレザーのようなクタッとしたやわらかさ。右側には万年筆や多色ペンあたりも収めやすいゆったりしたペンホルダーがある。

TOUCH & FLOW スケッチノート

新品の状態からほどよいしなやかさがあるレザー

TOUCH & FLOW スケッチノート

ウォームレッド、ベージュ、ブラック、写真には写っていないがブラウンの4色展開

TOUCH & FLOW スケッチノート

カバーの右側にはカードポケットが隠れている。それ以外は余計なものがないシンプルデザイン


中には、専用ノート「デイリースケッチノート」が標準で収められている。紙面は無地のみの設定。「スケッチ」というネーミングに見られるように、このノートには文字だけでなく、積極的にイラストなどのスケッチも描いていけるよう、自由な紙面になっている。

ちなみにこの「デイリースケッチノート」には、表紙カラー6色が揃っている。これがまた、大人のノートといった落ちついた色合いになっている。

TOUCH & FLOW デイリースケッチノート

ブラック、グレー、インディゴ、レッド、オリーブ、カカオの6色

TOUCH & FLOW デイリースケッチノート

「デイリースケッチノート」 各500円+Taxというリーズナブルなプライス


カバーにセットすると、そうしたカラーが見えなくなってしまうのが少々残念。そのためだろうか、見返しが各表紙カラーとコーディネートしたカラーになっている。

「デイリースケッチノート」単体でも販売されているので、カバーをつけずにこれだけで使っていくのもよさそうだ。見開き性が少々悪いかなと感じたが、グイと力を入れて広げると、一転して気持ちよく開いてくれる柔軟性を持っている。

TOUCH & FLOW デイリースケッチノート

最初はやや硬さがあるが、グイと広げると柔軟さが顔を出す



専用ダイアリーもセット可能

この「スケッチノート」には、ノートだけでなく専用のダイアリーもラインナップされている。「MONTHLY DIARY “THIN“」(*季節限定商品)というものだ。マンスリーカレンダーだけのスリム仕様。「デイリースケッチノート」と一緒にセットしてもスッキリと収まる。

TOUCH & FLOW MONTHLY DIARY “THIN“

今やスマホで細かなスケジュール管理ができるので、併用するにはこうしたカレンダータイプがピッタリくる

TOUCH & FLOW MONTHLY DIARY “THIN“

こちらも単体で使ってもよさそうだ。400円+TAX


この「スケッチノート」に「デイリースケッチノート」と「MONTHLY DIARY “THIN“」そしてお気に入りのペンをセットして、あとはスマホがあれば、大方の仕事はこなせてしまうことだろう。

TOUCH & FLOW スケッチノート

自分の内側に眠っているクリエイティビティを呼び覚ましてくれそうなノートだ


*関連リンク
TOUCH & FLOW
スケッチノート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。