1. ペンシルで眉の骨組みを描く

毛1本1本を描くイメージで丁寧に

毛1本1本を描くイメージで丁寧に

まずはアイブロウペンシルで、描きたい眉の骨格を作ります。

アイブロウペンシルだけで全てを描きあげるのではなく、眉の中心・ガイドラインのみを描く様にイメージしてください。

ペンシルだけで太眉を仕上げようとすると、ボテッとした立体感のない眉になってしまうのでNGです!

 

2. パウダーで眉を肉付けしていく

ブラシを使ってぼかしながら色をのせる

ブラシを使ってぼかしながら色をのせる

アイブロウペンシルで描いた眉の骨格の上下に、アイブロウパウダーで肉付けをしていきます。

この時、はじめにペンシルで描いた部分を、ブラシを使いながらぼかすイメージで、パウダーをのせていきましょう。

そうすることで、眉の上下に行くにしたがって薄くなるグラデーションができ、自然な立体感が演出できます。

 


3. 眉頭から入れる自然な影でメリハリをプラス

眉頭からノーズサイドにかけて

眉頭からノーズサイドにかけて

眉頭からノーズサイド寄りにパウダーを少しぼかすことで、メリハリのある目元に仕上げることができます。ノーズシャドウを入れると化粧が濃くなってしまいがちですが、この方法ならナチュラルなメリハリをGET!

 

4. 眉マスカラでよりナチュラルに

毛流れに逆らうようにつけていく

毛流れに逆らうようにつけていく

アイブロウマスカラで眉の色を少しトーンアップさせることで、よりナチュラルで抜け感のある眉を作る事ができます。

アイブロウマスカラの使い方は、基本的に眉の毛流れに沿ってつけていきます。眉頭は下から上に向かって左右に細かく動かしながらつけます。眉山に向かうときは毛流れに逆らい、内側の眉毛にもしっかり色がつくようにつけます。(地肌につかないように注意!)

 


 

5. 完成

存在感はあるけれど、ナチュラルで洗練された印象の太眉に仕上がりました。
完成

完成

黒木流 ナチュラル太眉のポイント1「眉の色合わせ」

眉の色は基本的に、髪と瞳の色の中間色が良いとされています。髪色よりも少し明るくすると抜け感が出て可愛らしい印象をつくることができます。

また、黒髪の人であっても眉に黒を使うのはNG!髪が真っ黒であってもダークブラウンやアッシュブラウンなど、少し明るめの色を使用しましょう。

黒木流 ナチュラル太眉のポイント2「グラデーション」

眉頭から眉尻まで濃淡が全くないと、ペタッと張り付いたような不自然な眉になってしまいます。一般的に眉頭は薄めに、眉尻にいくに従い少しずつ濃くなるというグラデーションをつけることが、より自然な太眉をつくるポイントになります。

複数色入ったアイブロウパレットがあると、簡単に立体感のある太眉をつくることができオススメです。

 

 

 





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。