掃除道具の収納場所や収納方法に役立つアイデアは?

掃除がラクになる、掃除道具の収納方法をお教えします

掃除がラクになる、掃除道具の収納方法をお教えします

掃除道具・掃除用具の収納方法を変えるだけで、掃除が苦手な人も、気楽にとりかかれるようになります。これなら、便利な道具を買うよりもお得ですね。いつでもどこでもすぐに使える、簡単な収納で、キレイを今すぐに手に入れましょう。

今回は、「RoomClip」の収納実例と、取材先で見つけたしまい方をピックアップ。これなら真似できるはず! 掃除がラクになる、掃除道具・掃除用具の収納アイデアをご紹介します。
 

掃除道具の収納アイデア1:スティック掃除機は壁掛け収納で

大きな掃除機を持っていると、家の中で収納場所を見つけるのが大変です。やっとの思いで定位置を作ってはみたものの、出し入れするのに手間がかかると使わなくなってしまいます。しかも、長いホースのまましまうことのできない物入れでは、組み立てては分解しての繰り返し。掃除の回数が減るのも無理はありません。
スティック掃除機の収納場所

部屋に置くなら掃除機選びが肝心。充電しながら収納する姿が絵になっています(出典:RoomClip「充電中/マキタ/掃除機のインテリア実例 - urchinの部屋 - 」

そんなこともあって、スティック型を使っている人が増えているようです。フル充電しておけば10~15分くらいは稼働するので、家中を隅から隅までやる必要がなければ十分に掃除できます。また、小型でスリムなので、充電しながら壁掛けにしておけば場所をとりません。
クローゼットに掃除機をしまう

スティック型はコンパクトだから、クローゼットや押し入れの中で掃除機を吊るして収納(出典:RoomClip「ダイソー目隠し/衣装ケース/扇風機/makitaの掃除機/クローゼット/無印良品…などのインテリア実例 - mutsumiの部屋 - 」

 

掃除道具の収納アイデア2:掃除グッズは吊るしてインテリアに

昔ながらの掃除用具として、ほうきとチリトリを持っていると今でも役に立ちます。掃除機を使うまでもないときには、ササっと床を掃くだけ。フローリングでも畳でも使えます。電源を使わないエコな方法で、これなら音もなく、乳幼児が寝ている合間に掃除を済ますことができます。
おそうじ道具のコーナー

部屋の小壁にまとめて吊るす収納に。カゴやスツールと一緒にユーティリティコーナー作り(出典:RoomClip「かご/スツール/掃除道具/塵取り/誕生日のプレゼント/壁/天井…などのインテリア実例 - kurumin5の部屋 -」

こうしたシンプルな道具は、いわゆる用の美を備えているものが多く、部屋にあっても目障りではありません。むしろ、インテリアの要素として積極的に活用するのもひとつの手です。見せる収納として室内に吊るしておくことで、気づいた時に自然と掃除する習慣が身に付きます。キッチンや洗面所の一角に備えておくのもいい方法です。
インテリアに合わせて掃除用具を収納

家具と壁の間にできた空間を有効利用。収納家具のガラス戸が壁にマッチしていて、素敵なコーナーになっています(出店:Roomclip「ストライプ/ペイントリメイク/セリア/3Coins/掃除道具/モノトーン…などのインテリア実例 - ROCCOの部屋 -」

 

掃除道具の収納アイデア3:お風呂などの水廻りは水切りしながら収納

洗面所、浴室、トイレといった水廻りで使う掃除用具の場合は、濡れたまましまうわけにはいきません。うっかり床置きにしていたりすると、梅雨時や夏場にはカビが心配。それ以外の季節であっても、ヌメリが気になったり、悪臭のもとになることもあります。
タオル掛けに掃除グッズをハンギング収納

タオル掛けにS字フックの組み合わせ。ボトルもボディスポンジも水切りできます(出典:Roomclip「ホワイト/掃除道具/シンプル/バスルーム/バス/トイレのインテリア実例 - chabiiの部屋 -

清潔にするための道具が、衛生的ではないというのは矛盾そのもの。そこでひとつの工夫として、吊るして水切りしながら片付けておくのがおすすめです。目にしてもいい道具選びにも気を配って、色を統一しておくといいでしょう。
ホワイト収納で清潔に

ボトルもタオルもホワイト。見た目にも清潔だから出してあってもOK(出典:Roomclip「しただけ/つかなお流『人生がどよめく片付けの阿呆』/ホワイトシンプル連合会/掃除部…などのインテリア実例 - naoの部屋 - 」

 

掃除道具の収納アイデア4:家の中心か室内の死角を定位置に

掃除機の定位置としては、各部屋へ移動しやすく、家の中でもほぼ中心にあたる場所が効率的。階段下や廊下沿いにしまえると便利です。とはいえ、どの家にも都合のいい所に収納があるとは限りません。そんなときには、掃除回数が多いとか広い部屋の近くがいいといった条件で見つけてもいいでしょう。
廊下や階段下の物入れに掃除用具を収納

家の中でも端にある納戸ではなく、主な部屋の近くか移動しやすい廊下や階段近くに

家の中でも頻繁に掃除をしたい部屋があるとします。たとえば、リビングダイニングのように家族が過ごす所は、どうしても汚れやすくて気になりやすい場所です。また、ペットがいる家庭や、ハウスダストなど埃に敏感な家族がいると、こまめにしっかりと床掃除をしたいといったこともあります。
室内に掃除用具を収納

観葉植物の陰になり、部屋の死角になる場所にさり気なくスタンバイ

近くに収納場所があればいいのですが、ない場合には、すぐに使えるようにこっそりと部屋の片隅に置いておくというのもいい手です。小型、高性能、デザインのいいものを使って、いつも身近な場所に置いておければ、家族も協力しやすくなります。
 

掃除道具の収納アイデア5:見える所に置いてその場でサッとすませる

メインの道具が使いやすく収納されていると、まとめて掃除をしなくても、わずか数分の隙間時間に少しだけでOK。おそうじシートやミニほうきとチリトリなど、各種の小さな掃除用具を活用しましょう。汚れていなくても手入れをするようになるので、キレイな状態が自然と維持できてしまいます。
いつでもすぐ使える掃除用具のしまい方

粘着ローラー、モップ、ダスターなど、小さいけれど役立つ掃除グッズを集合させて。ついでにルームスプレーもIN。左は100均グッズのバッグホルダー

掃除用の小物を集めて室内に置いておくのもおすすめ。天然素材のカゴやボックスなど、部屋の雰囲気に溶け込む入れ物を選んで掃除を楽しみましょう。

時短グッズを使って片付けておくと、掃除のモチベーションがさらに上がります。仕事に育児に忙しい日々には、時短でラクな家事法でスイスイ済ませましょう


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。