ふだん何となく続けているのが家事。自分なりに上手くこなしているつもりでも、ムダやロスを見落としていることがまだありそう。そして家事には必ず片づけがつきもの。実は、片づけるテクニックを家事に取り入れると、もっとスイスイはかどるのです。


片づけテク1:スイスイ掃除

フタつき収納ボックス

フタ付きのボックスなら見た目も合格

家族が集まるリビングは、散らかりやすくて汚れやすいのが大きな悩みですよね。そこで、手間をかけなくても掃除がしやすくなる片づけテクをご紹介します。

まずは、床に散らばったモノをいっぺんに片づける方法です。思いっきり広げたおもちゃや読みかけの雑誌、脱いだ服などを、収納ボックスにポンポン入れていきます。ひとしきり拾い集めたら、テーブルの上にボックスを置くだけ。床からモノがなくなれば、掃除機がかけやすくなります。

でも掃除機を毎日出し入れするのも大変ですね。もっと手軽に汚れをとるには、小掃除セットを用意しておきましょう。小さなモップや粘着ローラー、雑巾、お掃除シートなどを、小さなカゴやボックスにひとまとめ。テーブルやソファの近くに常備しておけば、汚れを見つけたらその場でササっとすんでしまいます。


片づけテク2:スイスイ料理

吊り下げフックと突っ張りラック

毎日使うなら片手鍋も吊るしてOK

食事づくりは毎日のこと。簡単で美味しいレシピには自信があっても、道具の収納が思うようにいかないと、せっかくのスピード料理の効果が半減。でも、ちょっとしまい方を変えるだけで、調理から片づけまでテキパキとできてしまいます。

特に鍋やボウル、フライパンなどかさ張る道具のしまい方がポイント。いくつも積み重ねていると、出し入れするだけで、手間が2倍に増えてしまいます。もし、それが当たり前になっていたら要注意。使いたい道具がひと手間で手にとれるように改善しましょう。

方法はとっても簡単。ラックを使って積み重ねを解消すればいいのです。棚のない収納スペースでも、市販のラックを使えば、空間を無駄なく立体的に使えます。これまで重ねていた道具を段ごとに並べるだけで、出し入れがスピーディ。すぐに料理にとりかかれます。

また、いつも使っているレードルやフライ返しなど、調理ツールのしまい方も要チェック。引き出しにしまうのが一般的ですが、片手でサっと使えるように、目の前に吊るしておくのもいいでしょう。

そして気になる洗濯には、このテクがあります。