納戸の上手な収納アイデア! 無印良品の棚を使ってスッキリさせる方法

納戸のすっきり収納アイデア!無印の棚を使った上手な収納例を紹介

納戸のすっきり収納アイデア!無印の棚を使った上手な収納例を紹介


棚も何もない、ポッカリとした空間だけがある納戸にご用心。とりあえずのつもりでしまったモノが、いつの間にかうずたかく積み上がっている。見なかったことにしたくなる悩ましい納戸やトランクルームは、無印良品を使った収納方法でどこまで片付けることができるのか。手順やアイデアと一緒にその上手な使い方をみていきましょう。

 

納戸・トランクルームで起きがちな失敗収納! 詰め込みすぎはNG

納戸を使い始める前に、しまい方をきちんと計画しておけばよかった。いつかやろうと思いながら時間だけが過ぎてこうなった。そんな後悔はしても、諦めてはいけません。やり直しは今からでも間に合います。

今回伺ったKさん宅には約1畳大の納戸があって、さらにひと回り広いトランクルームのある間取りです。両方が隣り合わせにあるのですが、それぞれに用途を分けて使いたいとのこと。今もそのつもりなのですが、モノの増えるスピードが速くて片付けが追い付かないそうです。
納戸収納のビフォーアフター

左:納戸 右:トランクルーム 積み上げた荷物が地層を形成中

共働きで不規則な生活スタイルなので、室内はスッキリとして落ち着ける空間にしたい。知人を招く日には、室内に出ている荷物を隠したい。そうなると納戸への依存度が高まって、何でもかんでも詰め込むことになるというわけです。でも、納戸にあるモノは全部必要なの? お片付けの手順通りに、そこからビフォーアフターが始まりました。
 

納戸収納は役割分担を! 片付ける前の空きスペースを作る方法

納戸を片付けるにあたって、そこに何をしまってどんな使い方をしたいのか? 最初に方針を立てておきましょう。Kさんの場合、リビングに近いほうの納戸には思い出の品や季節用品をはじめとして、たまに使う日用品などもしまいたいとのこと。もう一つのトランクルームには食品やレジャー用品など、玄関との動線を考えて収納の役割を決めました。
要不要の仕分け作業

Kさん奮闘中。どこの家にもありそうな堆積物がイッパイ

それぞれのスペースの用途が決まったら、片付け作業に入ります。収納スペースの広さに関係なく、片付けるときの手順は同じ。まずは、スペース内にあるモノをすべて出して、持ち物の種類と数を点検します。そしてその作業をしながら、不要なモノをどんどん減らしていくことも大事です。

納戸のような場所には何となく溜めてしまったモノや、捨てそびれたモノがたくさんあります。案の定、Kさんも忘れかけていたモノが出てきました。「あっスリッパが見つかった!」「これ、結婚式で使ったウエルカムボード。いやだ~似顔絵入り団扇も。招待状やらご祝儀袋もそのままゴッソリあるわ」など。結婚何周年かを機に捨てるのもアリですね。

他には取り外した照明器具、オーディオやパソコン用のコード、アルバムとご主人の参考書や書類などが入った段ボールがいくつもあります。そして何といってもかさ張るのは、家電やPCの入っていた空箱です。すでに本体を使っているモノとKさん自身で判断できるモノは、その場でジャッジ。ご主人が大切にしている空箱はそのまま残すことになりました。それでも空箱の数が減り、大幅なヴォリュームダウンに成功です。

そして、いよいよ次の段階へと進みます。
 

シェルフ1台で片付く納戸収納術

収納物の選別が終わったら、納戸内の使い勝手を改善します。広さとしまいたいモノとのバランスをみて、今回は無印良品のスチールユニットシェルフ ワイド・グレー・大(幅86×奥行41×高さ175.5cm※2019年7月現在は販売中止)を使うことにしました。このシェルフに収納用品を組み合わせれば、種類別に整理整頓できる。それが今回採用することにした最大のポイントです。

また、シェルフの大きさを選ぶ際には組み立てる場所のことと収納スペース内に設置するときのレイアウトを想定するのを忘れずに。今回はシェルフ1台で納戸内を仕切ることにしましたが、1つのスペースに2台以上のシェルフを設置するときには、特に注意が必要です。

寸法上はシェルフがちょうど2台収まるようでも、組み立てながら設置するのか、組み立て後に移動させて設置するのか。実際の工程を思い浮かべながら選びましょう。このシェルフ(幅86×奥行41×高さ175.5cm)を1台組み立てるための所要時間は、大人2人で約25分。片付ける手順と流れを計算して、作業のプランを立てていきます。
納戸収納ビフォーアフター

シェルフ脇の空いたスペースには、保留になった持ち物を収納。玄関横のトランクルーム、実はキッチンへつながる扉があった!

今回使ったシェルフ(スチール棚セット ワイド・グレー・大)には棚板が5枚付属しています。その棚板の位置を決めるにあたり、間隔を均等にするのではなく、床に近い部分の高さを多めにとって、季節家電やレジャー用品など背丈があって重量のあるモノを収納することにしました。

そして、天井に近い棚には使用頻度が最も低いモノを。さらに、靴、来客用スリッパ、予備のハンガー、コード類、防災グッズなどは納戸に、トランクスペースには野菜や食品ストック、紙袋、海水浴グッズ、DIY工具などを収めます。なお、このシェルフの背面には2つのクロスバーを取り付けて、しっかりと組み立てて使ってください。

こうして、棚も何もない収納スペースにシェルフを1台投入して、大きな空間を立体的に区画するところまで進みました。さらに、このシェルフを使いこなすには? 収納用品を使った整理整頓法を見ていきましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。