表面的と潜在的な検索キーワード

表面的と潜在的な検索キーワード

検索キーワードにはアフィリエイト広告主のサイトや、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトをチェックするだけも見つかる表面的な検索キーワードと、そこからひと手間加えて掘り下げることで見つかる潜在的な検索キーワードがあります。

表面的な検索キーワードとは?

アフィリエイト初心者ほど、キーワード選定というと「様々なサイトや雑誌を調べて、よく掲載されているキーワードを探す」というイメージをしています。

もちろん、アフィリエイト広告主のサイトや、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトや、ニュースサイト等、様々なサイトに掲載されているキーワードをそのまま検索する人も大勢います。

そのため、様々なサイトや雑誌などのメディアに掲載されている表面的なキーワードをひたすら探すだけでも、稼ぎやすいキーワードを見つけることが可能です。

例えば「トマトダイエット」や「グリーンスムージーダイエット」など、様々なサイトや雑誌で掲載されて話題になると「グリーンスムージーダイエット」とそのまま検索する人が急増します。

しかし、時間がたつと直接「グリーンスムージーダイエット」」とそのまま検索するひとだけでなく潜在的な疑問を検索する人が増えてきます


潜在的な検索キーワードとは?

たとえば、「グリーンスムージーダイエット」が有名になればなるほど、実際に挑戦している人が増えたり、テレビ番組でも特集されたりするようになりました。

しかし、「グリーンスムージーダイエット」を実践すれば100%の確率で、誰もが簡単に痩せられるとは考えられません。

必ず途中で挫折する人や、失敗する人も出てきます。その時に検索ユーザーは潜在的な疑問を言葉にして検索エンジンで答えを求めようとします。

もし検索ユーザーがグリーンスムージーダイエットに挑戦しようと思っているときに、友人から「グリーンスムージーダイエットに挑戦したけど効果が無かった。」という話を聞いてしまったらどう思うでしょうか?

きっと「グリーンスムージーダイエットって本当に効果があるの?」と疑問に感じるはずです。そして疑問を解消する為に「グリーンスムージーダイエット 効果」または「グリーンスムージーダイエット 失敗」というようなキーワードで検索して疑問を解消しようとするでしょう。

潜在的な検索キーワードを探すときは、様々なサイトや雑誌に掲載されている話題のキーワードをそのまま狙ってはいけません。

なぜなら、潜在的な検索キーワードとは「話題のキーワードに対して検索する人はどのような事を考えているのか?」という潜在的なニーズを予測したり仮説をたてることで見つかる検索キーワードだからです。

ただし、アフィリエイト初心者がいきなり潜在的な検索キーワードを探すのは難しいため、まずは表面的な検索キーワードを探しながらキーワード選定に慣れていきましょう。

そして、表面的な検索キーワードを探すことに慣れてきたら話題のキーワードを見つけ、そのキーワードから潜在的なニーズを予測したり仮説をたてながら、潜在的な検索キーワードを見つけられるように意識していきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。