最近、アフィリエイトって言葉をよく聞きませんか。でも、残念ながら悪いニュースで使われる場合が多いかと思います。ただ、イメージだけ先行していて本来の意味を理解している人はそれほど多くありません。この記事では、その「アフィリエイト」の仕組みについて解説していきます。


アフィリエイトは単なるシステム

アフィリエイトというのは商取引のシステムの一つです。ネットショップと個人とを成果報酬という報酬形態で提携させることにより、ネットショップ側は初期の広告コストをかけることなく商品やサービスの紹介依頼が可能で、個人は自分の好きな商品を在庫リスクを抱える心配なく商品を紹介することができます。そして紹介者は商品が売れた場合に、任意の額の報酬を受け取ることが可能です。アフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASP)はインターネット上に点在するネットショップやウェブサイトを集約しお互いの利便性を高めるという価値を提供し、ネットショップからシステム利用料を受け取るという仕組みになっています。


代表的な国内のアフィリエイト・サービス・プロバイダ

リンクシェア・ジャパン

リンクシェア・ジャパン


リンクシェア・ジャパン
バリューコマース
A8.net(ファンコミュニケーションズ)
もしもアフィリエイト


アフィリエイトと個人の関係性

個人がアフィリエイトを利用して商品(サービス)を紹介する最大のメリットは、自分の持っている情報(体験)を提供することにより、小リスクでお金を稼ぐことができるという点が挙げられます。自分の知恵と体験と空いている時間とを有効活用することで在宅での収益化が可能になったわけです。

そして、もう一つ声を大きくして言いたいのは、体が不自由な人でも自分の力で生きていく術にできるという点です。例えば足が不自由で外に働きに行けない人でも、自分の経験や同じ環境で悩んでいる人向けへのお役立ち情報をネット上に公開することで収益に変えることができるのです。

会社に勤務したりアルバイトをしたりして給与という形でお金を稼ぐことが一般的だった社会で、自宅で商品を魅力的に紹介することで収入を得ることができるようになりました。景気が不安定の中、副業として自分自身で収入源を増やすというスタイルや、急に働けなくなる可能性に対してのリスクヘッジを行うことができるようになったのです。