即華やかに!ラインストーンやカラーストーンを使ったクリスマスネイル

今回はクリスマスツリーをイメージした「ストーンネイル」のやり方、ストーンの付け方をご紹介。キラキラと輝くラインストーンや、華やかなカラーストーンは、まさにパーティシーズンにピッタリのデザインです。普段のオシャレには指1~2本だけ、と控えめなデザインも素敵ですが、せっかくのパーティーですから思い切り華やかに演出してみては?
夜空に輝くクリスマスツリーのようなデザイン

夜空に輝くクリスマスツリーのようなデザイン


ラインストーンやゴールドのパーツを使ったネイルアートは、ジュエリーのように指先を彩ってくれます。ネイルのためのジュエリーともいえるキラキラのラインストーンを飾り、ネイルをもっともっと楽しんでくださいね。

クリスマスネイルのやり方・ストーンの付け方

はみ出しに注意してダークカラーを塗る

はみ出しに注意してダークカラーを塗る

1.まずはベースコートを甘皮周りまでしっかり塗っておきましょう。次に、ストーンが映えるダークなネイビーのベースカラーを2度塗りします。はみ出してしまった時は、コットンスティックにリムーバーをつけて修正。

ゴールドのラメで三角形を作る

ゴールドのラメで三角形を作る

2.細筆のトップコートにゴールドのラメを取り、ツリーをイメージした三角形に塗ります。ラメのライナーを使ってもOKです。完全に乾いたら、ゴールドのツリー部分にネイルグルーを塗布。無い場合は、トップコートでも代用できます。どうしても取れやすくなってしまうので、ストーンネイルを長く楽しみたい方はネイルグルーをおすすめします。

上から順番にストーンを敷き詰める

上から順番にストーンを敷き詰める

3.クリスマスカラーの赤や緑などのストーンを三角形部分に、上から敷き詰めていきます。サイズも大小取り揃えておくと、上手に隙間を埋めることができます。ピンセットがなければ、ウッドスティックを使って乗せていきましょう。
 

アクセントになるパーツは最後に飾る

アクセントになるパーツは最後に飾る

4.雪の結晶や星のパーツを置く部分にネイルグルー(またはトップコート)を塗ります。バランスを見ながらピンセットで配置して完成です。

トップコートでアートが長持ち

トップコートでアートが長持ち

5.最後にトップコートを全体に塗り、ストーンを保護します。


使用したアイテム

ネイルグルーとマニキュアスティック

ネイルグルーとマニキュアスティックは揃えておくと便利なアイテム

左から、エリコネイルグルー 486円(税込)、プリシェイプド マニキュアスティック 410円(税込)


ラインストーンバリエーション

キラキラ輝くラインストーンデザイン

キラキラ輝くラインストーンデザイン


(右)上品なフラワーモチーフ
キラキラ系のアートは大人世代にも似合います。ポイントはベースのカラー選び。シックなボルドーに上品な輝きを放つパールを組み合わせて、大人ならではのキラキラネイルに。差し色にした赤のストーンもエレガントです。

(中央)パステルストーンでキュートに!
冬のホワイトは今年流行のニットとの相性◎。そこにパステルピンクやライムグリーンの可愛らしいカラーストーンを飾ります。すべて交互ではなく隣接させ、あえてバランスを崩すのがコツ。星のパーツがより可愛さを際立たせます。

(左)人気のグレージュ×パールのコンビ

今季トレンドのグレージュは、塗るだけでオシャレ度をアップさせてくれるカラー。そこに大小のストーンやパール、ブリオンを上から徐々に大きくなるグラデーション状に飾ります。パールの清楚さとストーンの華やかさが共存するデザイン。

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。