【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

つい自分の年齢を言うタイミングを逃してしまったら?

もし、あなたが自分の年齢を伝えずに年下の男性と出会い、付き合うまでの展開になったとしたら、いつ彼に本当の年齢を伝えますか?

隠すつもりはなくても、思わず言うタイミングやきっかけを逃したまま始まる恋愛があってもおかしくありません。本当の自分の年齢を伝えるのが怖い、本当のことを言って彼との関係がギクシャクしてしまい付き合うに至らなかった苦い経験がある女性もいるかも知れません。

/

男性に実年齢を知られることは怖いことですか?

前回「16歳下の彼との結婚、本当に幸せになれるのか?」では、女性が16歳年上という年の差を超えて、今は幸せな結婚生活を送っている、ライフコーチングの木下ミワさん(42)と、パートナーの大輔さん(26)が、出会いから付き合っていくまでのお話を伺いました。

今回は、男性側が彼女から実年齢を聞いた時に、どんな気持ちになり、どんなことを考えていたのか大輔さんの本音を聞かせてもらいました。

そして、そんな年の差カップルの二人が付き合い始めて結婚へ至り、さらに幸せな結婚生活を送っていくことができたポイントを女性、男性の両サイドから探っていきたいと思います。


年齢を知らないまま付き合い始める二人

まず最初に、16歳差の二人が実際に付き合い始めた瞬間のお話を聞かせてもらいました。

その転機の日は、初めての出会いから1年ほど経過した、2011年3月の終わりのことでした。ひょんなことから恋人でもないのにハワイ旅行へ行く話が決まり、急速に距離が縮まった二人。(詳しくは前回の記事をご参照ください)

いつも通り、夜遅くまで一緒にオフィスでいろいろ楽しくおしゃべりをしていた二人は、そのまま一緒に夜ゴハンを食べに行くことになります。楽しく酔っぱらった勢いで真夜中の海へ散歩へ――、それが二人が友達から恋人になった瞬間でした。

翌日、大輔さんはミワさんに意を決して、「ミワさんはボクのことは好きなんですか?」と恐々と聞いたそうです。ミワさんが「はい」と答えると、彼は「じゃあ、ボクと正式に付き合って下さい!」とハッキリと言葉で伝えます。

ここで面白いのは、なぜ大輔さんは恐々と確認したのでしょうか?ということ。実は、前夜ミワさんはかなり酔っ払っていたので、昨夜のことを曖昧にしか覚えていないと言われるのでないかとドキドキしたそうです。

こうしてミワさんはハッキリと自分の年齢を彼に伝えないまま、二人は正式に付き合い始めることになったのでした。

>続いて、本当の年齢を知った時に彼がとった行動とは?