年下男子との恋についてよくある質問5つ

年下男子との恋について

恋のチャンスを阻む「固定観念」を持っていませんか?

10年以上前から、年下男子との恋愛の相談を受けてきました。その経験と、自身の経験から、よくある質問にお答えします。
 

【1】彼は甘えん坊タイプなんでしょ?

「年上の女性とつき合う男って、兄弟の一番下だったりして、甘え上手なんでしょう?」という質問が多いのですが、そうとは限りません。私のお相手も、全員が長男。そして、全員が「年上女性」とつき合うのは初めてでした。

自分が姉タイプか、妹タイプか。相手が兄タイプか、弟タイプか。ということは関係ありそうです。姉タイプと弟タイプ、妹タイプと兄タイプという組み合わせは、相性がいいと思います。私は「妹」なので、年齢に関係なく「お兄ちゃんタイプ」と気が合います。

とはいえ、「やっと甘えることができた」といった声も、やはり年下男子から聞きます。誰だって、たまには甘えたいものです。年上の女性の包容力の前では素直になれる。そういうレベルのものでは無いでしょうか。

私の感覚では、「甘えたい男」というより、「自由奔放な男」が、年上女性との恋愛で、のびのび羽ばたけるようになった……というパターンはあるように感じます。
 

【2】そのうち若い子に乗り換えるのでは?

数年つき合った挙げ句、「いい男」になって、かわいい年下彼女を作られた……という話は、やっぱりあるものです。こればっかりは、つき合ってみないとわかりませんが、出会いによると思います。年下男子と運命の出会いをする人もいます。私を含め、結婚に至ったカップルが多いことも、お伝えしておきます。

「いつか別れるのでは」という不安は、同世代や年上よりも、年下男子とつき合うと、確かに強くなる傾向にあると感じます。不安に囚われて、自滅した年上彼女もたくさん見てきました。「周囲の一般論」に振り回されないことが大切です。
 

【3】「本気」なの?

裏表の無いナチュラルビューティーな年上女性に対して、年下男子は意外に積極的です

裏表の無いナチュラルビューティーな年上女性に対して、年下男子は意外に積極的です

いつも思うのですが「真剣交際」ってなんなのでしょうね。何を基準に「本気」と「遊び」に分類されるのか、そもそも疑問です。

でも、区別するとしたら「本気」が多いと思います。「年下の彼が友達に私を紹介してくれない」などの悩みはよく聞きますが、想う気持ちは本物です。

もちろん「遊び」というか、身体だけの関係になってしまっている方もいらっしゃいますが、多くはいわゆる「真剣交際」です。でも、ライトな関係を楽しみたいのであれば、それは本人の自由ではないでしょうか。

高校生と女性教師の恋愛を描いたドラマが過去にありましたが、周囲には「年上女が年下男を誘惑した」と偏見を持たれがちです。でも、蓋を開けてみると、年下男子がストレートに近づいてきてくれたというパターンが多いものです。
 

【4】身体が目当てじゃないの?

確かに、その手のお誘いも多いです。特に、20代の男子は、年上の女性との行為に興味があるものなのでしょう。でも、それは年齢とは切り離して考えたほうが良さそうです。「一度でいいからお願いしたい」なんて、失礼な台詞をいう男は、どんな世代にもいるものです。

身体だけの関係にならないためには、気持ちを確かめ合う前に簡単にセックスしないこと。本気の恋がしたければ、「割り切ったオトナの女のふり」は禁物です。
 

【5】モテない男子が年上を狙っているのでは?

恋のトラブルに疲れているのか、女の怖さを知っているからか、内面重視のイケメンが年上女性を狙うことも

恋のトラブルに疲れているのか、女の怖さを知っているからか、内面重視のイケメンが年上女性を狙うことも

これも偏見です。年下男子の彼は、むしろ、魅力的な男子が多いのではないかと思うほどです。写真を載せるわけにはいきませんが、相談を受けてきた女性の彼氏も、一般的に見てかっこいい人が多かったです。

むしろ、モテるからこそ女性の嫌な部分をよく知っていて、女性に「心の美しさ」を求め、年上女性の俯瞰した視点や包容力に魅力を感じる……という印象を受けます。

自身の体験でも、年下男子の彼(現在の夫を含む)は、喧嘩したときに、うまくいい訳をして逃げ切ることができないぐらいに、見透かされるような人ばかり。その分、本人も誠実で純粋なのです。


年下男子は頼りない。
年下男子は本気ではない。

そんな先入観を持っていると、せっかくのチャンスを逃すことになってしまいます。年上でも、深く知り合ううちに「実は頼りなかった」という人は多いものですし、同世代でも浮気する人はします。

どんな年齢でも、しっかりしている人はしていますし、頼れない人は頼れないものです。

ただし、「出会ったときから『僕、年上が好きで』『甘えん坊なんです』と言ってくる年下男子はNG」と、私はアドバイスしています。最初から甘える気満々の、自分で立つことのできない男の面倒を見るということは、「母親」になるのと同じ。心が休まりません。

年を重ねることに反発し過ぎることなく、強がることも卑屈になることもなく、自分の人生をしっかり生きていれば、年上女性としての魅力は育てることができるはずです。年齢に拘らずに、恋愛対象を広げてみるのもいいかもしれませんよ。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。