【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

温泉旅館を継いだ若旦那。その仕事ぶりは?

長野県・戸倉上山田温泉にある温泉旅館「亀清」を切り盛りする、シアトル出身の若旦那、タイラー・リンチさんと、若女将・磨利さん。
前回の記事に引き続き、素敵な国際結婚カップルの暮らしぶりを、奥様である磨利さんへのインタビューから、ご紹介します。今回は、結婚しシアトルで暮らしていた夫婦が、長野の旅館を継ぐきっかけからのお話です。

<若女将・磨利さんへのインタビュー>

「旅館を継ぐ」と言い出したのは彼!

亀清旅館

亀清旅館の前に立つ、観光地への方向と距離を示す案内サイン。右上に「シアトル」も


――シアトルに住んで、結婚して……、向こうで11年間?

はい。でも、しょっちゅう日本に里帰りしていました。知り合ったのが日本だったので、アメリカはただタイラーがいたから行っただけで、あまり思い入れはなかったんです。向こうを離れる時も、それほど未練はなくて……。
だいたい国際結婚って、夫婦が知り合った場所で住むことが多いって言いますよね。

――タイラーさんが亀清旅館を引き継いでやりたいというお話は、どういう感じで出てきたんですか?

その後、父が亡くなって、旅館は母と伯母でやっていました。板前さんだけは雇って、忙しい時はパートさんに来てもらって、何とか切り盛りしていたんです。旅館の建物はいっさい手つかずで直さなかったのですが、今考えると、それがよかったのかも。変な時に直していたら、すごい借金を背負っていたかもしれませんから。

直さないまま現状維持でやっていたのですが、父が亡くなって、母は「どうしようか、やっぱりそろそろ廃業にしちゃおうか」と思っていたらしいですね。売って駐車場にするという話も出ていたのですが、それを主人が「もったいない」と言い始めて……。

その頃、私は“日本に帰りたい派”でした。彼は、私が帰りたいなら日本に帰ってもいいけど、それなら自分は旅館をやる、という条件を出してきたんです。逆交渉みたいな感じで。私は、旅館を継ぐのはヤダヤダってず~っと言ってたんですけど、でも日本には帰りたい。彼は「帰るなら旅館をやるしかない、じゃないと帰らない」と。

「あなた1人でやればいいじゃない」と言うと、彼は「自分にはその資格はない」と言うんです。私と一緒だからできるのだ、と。旅館ではなく他の日本企業に勤めたら?とも聞いてみましたけど、彼はアメリカで日本と取引のある企業で働いていたので、日本のサラリーマンがいかに過酷で大変かをよく知っていて、その中でやる気はいっさいない、と言いまして……。

――じゃあ磨利さんとしては、「しょうがない」と言ったら言い過ぎかもしれないですけど、そんな感じで?

そう、しょうがないか、と(笑)。
あとはもう彼のパワーですね。ひとりでどんどん準備を進めていました。

実はアメリカでもう家も買っていたんですよ。でも、売ってきました。シアトルがちょうどいい時期で、リーマンショックの前だったので、タイミングがよかったんです。やっぱりこういうことにはタイミングもありますよね。買った時は、これからシアトルが上がるという時期だったので、これもタイミング的によかった。

――お子さんたちはいかがでしたか?

3人のうち、上の2人の息子はアメリカで生まれて、下の娘はまだ生まれてなかったんです。日本に来る時は、いちばん上が5歳で保育園、真ん中がまだ2歳で「覚えてない」って。

――そのくらいでちょうどよかったかもしれませんね。小学校に入ってお友達ができて、向こうの学校スタイルに慣れてからだと、逆にきびしかったかも……。

そうなんですよね。

――シアトルには時々帰っているんですか?

年1回は帰っています。向こうの両親も来てくれますよ。今年は旅館の仕事が忙しかったため、いちばん上の息子が13歳になってやっと1人で行ける年になったので、彼だけ行かせました。