スフォリアテッラって?

sfogliatelle

アッタナージオのスフォリアテッラ2種類:パイ生地のリッチャ(右)とクッキー生地のフロッラ(左)(c)Ewa Kawamura


sfogliatella riccia

アッタナージオのスフォリアテッラの中のクリームはホクホク!(c)Ewa Kawamura

スフォリアテッラ(sfogliatella)は、ナポリを代表する焼き菓子で、17世紀にアマルフィ海岸のコンカ・デイ・マリーニ村にあるサンタ・ローザ修道院(現在はホテルに転用)で誕生しました。おにぎりのような三角形のパイ生地のリッチャ(riccia)と、丸いクッキー生地のフロッラ(frolla)の2種類の形があります。中に詰まったクリームは、リコッタチーズがベースで、柑橘系のドライフルーツを細かく刻んだもなどが入っていて、餡のようにボリュームがあります。

Frolla

アッタナージオの焼きたてスフォリアテッラ(フロッラ) (c)Ewa Kawamura

現在のようなスフォリアテッラ(リッチャ)ができたのは、18世紀と言われていて、まさにロココ趣味な貝殻の形(ロカイユ)を彷彿とさせる形。とてもバロックなお菓子で、ナポリ王国が最も栄えていた時代から、今ではすっかりナポリ人のソウルフードとなっています。そんなスフォリアテッラを長年専門に、常に焼きたてを供し、ナポリで最も定評のある店が「アッタナージオ(Attanasio)」です!

スフォリアテッラの超人気店アッタナージオ

Attanasio interno

活気あふれるアッタナージオの店内 (c)Ewa Kawamura


sfogliatelle calde

「アツアツのスフォリアテッラ」と書いたアッタナージオの入り口 (c)Ewa Kawamura

「アッタナージオ」は、ナポリ名物の焼き菓子「スフォリアテッラ」の専門店。焼きたてのスフォリアテッラを待つ人でいつも賑わっています。沢山お持ち帰りする人、その場ですぐアツアツをほおばる人も多いです。行列していてもちゃんと回数券があるので安心。店員さんの手際がとっても良いので回転も速いです。お店に入ったら、まずレジの横にある回数券をとって、支払を先に済ませます。自分の順番が近づいたら、窯の近くにいる販売員さんの前で待機し、番が来たらレシートを渡しながら注文します。

forno attanasio

スフォリアテッラの焼き加減をチェック中 (c)Ewa Kawamura

窯の中のストックすら売り切れてしまい、今焼いている最中のものが焼き上がるのを待っている行列のときもあるので、今あるものだけで良ければ順番を飛ばしてもらえることもあります。ちなみにフォリアテッラのレギュラーサイズ(1.20ユーロ)は、アッタナージオのショーウィンドーには並んでいません。いつも温かい窯の中です。ガラスケースに入っているのは、小さいサイズのスフォリアテッラや、上にチェリーとクレームシャンティーイがのったスフォリアテッラです。ほかにもゼッポラというナポリ風シュークリーム、タラッリというアーモンド入り塩味クッキー、クリスマスにはロココという固さで独特な香味クッキーなども販売してます。

motto attanasio

お店の格言:「ナポリには3つの美しいものがある。海、ヴェスヴィオ、そしてスフォリアテッラ」 (c)Ewa Kawamura

どれもとっても美味しいですが、やはりお店のマストはスフォリアテッラ! ここの味を知らずにナポリとスフォリアテッラは語れません。

<DATA>
R.M.Attanasio s.r.l.(アッタナージオ)
住所:Vico Ferrovia 1-4, Napoli
TEL:+39 081285675
営業時間:6:30-19:30(月曜休み)
アクセス:ナポリ中央駅から徒歩2分



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。