豪華ホテルが集結するリゾート・コンプレックス、ラグーナプーケット

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

ラグーナプーケットのオンザビーチに誕生したアウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾート

プーケットの一大リゾート地区、ラグーナプーケット(バンタオビーチ)に2013年4月オープンしたアウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾート。カップルからファミリーまで楽しめるアクティビティや施設が充実。そしてこのエリアのホテル群の中で、ここだけのサービスや施設も。そのアドバンテージ度の高い魅力を解き明かしていきましょう。

 


初のクラブラウンジ、日本人スタッフはラグーナエリアではここだけ

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

ラグーナプーケット初のクラブサービスが受けられます。チェックインや朝食など数々の特典付き

ラグーナプーケット初にして唯一のクラブサービスを採用。専用のプライベート・レセプションデスクで並ぶことなくチェックインができ、客室のアメニティも特別仕様。クラブラウンジの「ザ・クラブ」を利用することができます。

 

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

タイの寺院に見られるような高い天井のレセプション

水辺に立つ真っ白なコロニアル調の「ザ・クラブ」では朝食をはじめ、午後にはカナッペやケーキなどもラインナップ。夕方のハッピーアワーにはワインやビールなどもサーブされます。落ち着いた雰囲気の中、ゆったりとした時間が過ごせます。
さらにクラブ・コンシェルジュが待機し、ゲストのリクエストに対応してくれるのも、メリットです。クラブサービスが利用できるのは、クラブルーム、1ベッドルームスイート、2ベッドルームヴィラのゲストが対象になります。

 

また、言葉に自信がない人にとって大助かりなのが、日本人ゲストリレーションの存在。実はラグーナエリアで日本人ゲストリレーションが常駐しているのは、現在アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾートだけなのです。


用途に応じて選べる4つのプール、オンザビーチの立地も◎

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

キッズプール、ファミリープール、アクティビティプール、そしてロングカナルの4つのプールに分かれています

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

55メートルもあるウォータースライダーは子供も大人も大はしゃぎ

ラグーナプーケットでオンザビーチにあるホテルはデュシットとアンサナ、そしてここアウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾートの3軒。ビーチからキッズプール、ファミリープール、アクア・エアロビクスなどを行うアクティビティプールと、層になってプールが続いています。ファミリープールには長さ55メートルのウォータースライダーがあり、これはラグーナプーケットでは唯一。ビーチ近くにはアンダマン海を望むレストラン&バー「エッジウォーター」やプールバーがあり、華やいだ空気に満ちています。

また、ホテルウィングに沿った運河のような「ロングカナル」プールはうたせ湯のようなコーナーや、随所に二人だけのスペースになる角を設け、カップルが静かに過ごせるプールもあります。

 


アクティビティが種類豊富、無料メニューも多数

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

ラグーン側ではモーターを使わない、ウィンドサーフィンやカヌーなどを無料で楽しめます

滞在時に手渡される「デイリー・スポーツ&レクリエーションプログラム」の一覧表は朝8時から夜8時まで、アクティビティがぎっしりとラインナップ。たとえば朝ならストレッチやサイクリング、ヨガ、ラン、昼はパドルボードやセーリングのレッスンにタイ・ボクシング(有料)など。エクササイズからタイの文化に触れる体験など、バラエティ豊か。ほとんどが無料で受けられます。

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

テニススクールでスキルアップ。年齢別のトーナメントも開催

また、ラグーン側のマリンスポーツセンターではSUP(スタンドアップ・パドル・ボード)やカヌーなど、エンジンを使わないウォーターアクティビティが無料で受けられます。加えて、本格的なテニススクール(キッズやティーン向けクラスも)やスカッシュ&バトミントンコート、フィットネスセンターなどもあり、たとえ雨が降っても、時間をもてあますことのない充実ぶりです。

 


アウトリガー・ラグーナ・プーケット

インドア&アウトドアで元気に子供が遊べるキッズクラブ

2014年12月にはキッズクラブもリニューアルオープン予定。Tシャツのバティックメイキングやキャンドル作りなどのインドア・メニューから屋外のプレイグラウンドなど、多彩なアクティビティを取り揃えるそう。

また、人気の高いアンサナ・スパ・アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾートもあります。

 


タイ×モダンな客室はファミリーに嬉しいサービスが

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

コンテンポラリーなデザインの中にタイらしさを加えた客室デザイン。クラブルームはサンケンバスタブとシャワーブース分かれています

255室のゲストルームは、タイ×モダンなテイストに、プーケットならではのシノワポルトギーのアクセントを取り入れたデザイン。テラコッタ床は素足に気持ちよく、壁に金のロータスが描かれているのも、タイらしい風情です。

 


アウトリガー・ラグーナ・プーケット

客室の一角にあるデイベッドは、キッズのベッドとして利用できる大きさ

デラックス、ファミリー、プレミアム、クラブルーム、1ベッドルーム、2ベッドヴィラのタイプがあり、ビーチやラグーンなどの眺めによってさらに細分化されています。デラックスとプレミアムはバスタブとシャワーが一体型ですが、クラブルームはサンケンバスタブとシャワーブース(レインシャワー)が分かれ、バスタブに手すりが付いているのも便利。そして全室にiphoneやipad用のドッキングステーションがあり、全館で無料Wifiが利用できるのも、今どきのトラベラーにはありがたいサービスでしょう。滞在中に使えるビーチバッグやビーチサンダル、バスローブやスリッパも用意されています。

 

メインレストランは活気あふれるショーキッチン

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

眺めのいい「アイコン・テラス&ラウンジ」。カクテルや軽食をサーブ

メインのオールデイダイニングは「ロカボレ」。壁に竹で編んだカゴなどのキッチン用品が飾られ、タイらしさを演出しています。オープンキッチンに視線を投げれば、料理人たちがてきぱきと調理する様子も。料理はビュッフェ形式で、夜はテーマビュッフェも開催します。

アウトリガー・ラグーナ・プーケット

落ち着きのあるインテリアの中、オープンキッチンの活気が伝わるメインレストランの「ロカボレ」

ほかに、オールデイ・バーの「アイコン・テラス&ラウンジ」、ディナーのみの地中海レストラン「メッツォ・ビストロ」、そしてプールサイドの「エッジウォーター」など。バラエティに富んだ食と雰囲気が味わえます。
また、無料シャトルボートやバスを利用して、ラグーナプーケット内のレストランへ行くことや、車でパトンビーチのレストランへ出かけてみるのも一案です。

 


<DATA>
Outrigger Laguna Phuket Beach Resort
住所:Laguna Village 323 Moo 2, Srisoonthorn Road, Cherngtalay, Thalang, Bangtao Bay, Phuket 83110
TEL:+66-76-360-600
宿泊料金:1万895バーツ~
日本での問い合わせ先:アウトリガー・リゾーツ TEL03-4588-6441
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。