ナチュラルな太眉で若々しく洗練された印象に!

みなさんは普段、眉をどんなアイテムで描いていますか?ペンシル派?それとも……?私は断然パウダー派です。仕事でもほぼパウダーで仕上げることが多いですね。

公私ともに大活躍しているものの1つに「RMKパウダーアイブロウN」があります。

一番明るいベージュが肌にのせた時にすっと影色になり眉のフォルムを作るのにぴったりのベースカラーになるんです。内蔵されたブラシ(太)でザーっと太目に毛のたまっているところから眉尻へのせてしまってOK。

眉尻側が細い方は眉頭くらいに思い切って太めにいきましょう。次に、生えていないところに、中央のブラウンでちょんちょんとブラシ(細)で足して立体感を作ります。

髪色を選ばない3色セット&ブラシ付きで使いやすい!

髪色を選ばない3色セット&ブラシ付きで使いやすい!


この時、ポイントは顔をひいて見ること!!です。眉だけを見てメイクしていると、なかなか立体感がわかりづらいんです。顔をバストUPくらいで鏡に写して眉を見てみると、バランスがわかり、どこを描き足せばよいかが見えてきますよ。

最初にのせたベージュの幅よりも、ブラウンを細く眉の中央にのせると立体感が出ます。最後に綿棒で眉尻側を整えれば“ただの太い眉”から“洗練された太い眉”に。

「もう生えてこない……」と諦めないで、是非パウダーで描くことをお試しくださいね。フッサフサ眉で、マイナス5才なんて簡単ですよ!

■DATA
RMK パウダーアイブロウ N  3800円(税抜)RMK Division

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。