アフィリエイトを利用するにはアフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASP)に登録する必要がありますが、ASPはどのようなポリシーで運営され、どのようにウェブサイト運営者と関わっていこうと考えているのかという点を中心に、ASP担当者に直接インタビューしています。第四弾は日本最大級のASPである「A8.net(エーハチネット)」を運営するファンコミュニケーションズ社です。

A8.net(エーハチネット)

A8.net(エーハチネット)

http://www.a8.net/

A8.net(エーハチネット)の特徴や強みについて

Question : 最初にA8.net(エーハチネット)の紹介をお願いします

Answer : 弊社ファンコミュニケーションズが運営するA8.netは、2014年11月現在、約5,000の稼働プログラムと約170万ものアフィリエイトサイトが登録されている日本最大級のASPです。また2014年3月に東証一部に上場し、市場からの信用度も得ています。

また、アフィリエイトマーケティング協会が毎年集計している「アフィリエイトプログラムに関する意識調査」において、2011年から4年連続で満足度の高いASP 1位という評価を受けています。

http://support.a8.net/as/camp/asp2014/

Question : A8.netの特徴や強みについて教えてください


Answer : 約5,000のアフィリエイトプログラムと 、170万を超えるメディア(アフィリエイトサイト)を集約しているという点が一番の強みとなっています。世の中には知名度が高い商品や、巨大なアクセスを呼び込めるウェブサイトばかりではありません。知名度が低くても独自性の高い商品やサービスを提供している広告主や、アクセス数は多くないものの一つの分野の情報が非常に詳しく載っていてリピーターが多いウェブサイトは数多く存在します。

こだわりの商品を親和性の高いウェブサイトとマッチングさせる。これはさまざまなジャンルのプログラムを稼働させ、幅広い分野のウェブサイトの登録を受付けているA8.netだからこそ可能で、出会いの機会の最大化を図ることができます。

アフィリエイトの仕組み自体は、基本的にどのASPでも一緒です。だからこそ、広告主とメディアをできるだけ多く集めてマッチングさせるのがA8.netの務めだと考えています。アフィリエイトの有益性を知らない広告主をA8.netが開拓する。A8.netを信じてプログラムを開始してくれた広告主を親和性の高いメディアに繋ぐ。消費者も広告主だけでない、第三者(ウェブサイト運営者)の情報を知ることができるため、商品やサービスを客観的に評価できる機会が増えるわけです。そして商品が売れればみんなハッピーになるサイクルです。まだまだアフィリエイト業界は拡大フェーズだと認識しています。