普通のようで、実は普通でない靴!

WING TIP

この度デビューしたFOOTSTOCK ORIGINALSのWING TIPです。1950年代のアメリカの紳士靴をモチーフにした6穴鳩目仕様は、素朴な雰囲気ながら靴の縦感が強調され、足元をシャープに見せてくれます。 木型:USアーミーラスト アッパー:黒ステア・茶ステア・ベージュスエード 底:インペリアルソール・レザーソール・VIBRAM#700ソール サイズ:7~9.5 税込み価格3万8880円 (GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)

「今の東京」を足元から表現するのに絶対に欠かせないシュークリエイター・竹ヶ原敏之介氏。国内はもとより、その評価は今や欧米でもますます高まっているのは、読者の皆さんもご存じかもしれません。FOOT THE COACHERで思いっきり古典的なデザインの靴を発表すると思いきや、SPECTUSSHOECO.ではドレスシューズとスニーカーとの接点を模索するなど、どの作品も靴の可能性の広さ・深さを思い知らせてくれます。

だから、ストリートファッション的観点から捉える世評も間違ってはいないと思いますが、それだけでは彼の実力を過小評価しているような気がしてならないのです。もっと奥深いところ、すなわち靴、ことさら紳士靴全般の今後のあるべき方向性まで考え抜いて製品を産み出している姿勢こそ、彼の真の凄さではないでしょうか。過去の靴そしてその作り手に対する敬意を今に、そして未来に投影する才能に関しては正に一歩踏み込んだ存在と言えます。
側面のメダリオン

上の靴を側面から眺めてみました。ブローギングの線に一定のリズムがあるのがお分かりいただけるかと思います。ヒールカウンターの内踝側のみに付く横長のメダリオンは、穴の大きさに微妙なグラデーションが付けられている技アリの意匠!


そんな竹ヶ原氏が、2014年の秋から新たに紳士靴のレーベルを立ち上げました。明晰な頭脳を持つ彼がここで取り組み始めるのはズバリ、一見当たり前なビジネスシューズの分野を多分に意識したもの。一瞬「あれっ?」とも思うのですが、そこは従来にはなかった観点・価値観で深く切り込んでくれている訳です。と言うことで今回は彼の新作、2014年秋デビューしたFOOTSTOCK ORIGINALS(フットストック オリジナルス)の紳士靴を深く掘り下げてみましょう!
PUNCHED TOECAP

こちらはPUNCHED TOECAP、意外と見付からない外羽根式のセミブローグです。つま先のボリュームあるメダリオンが1920年代のオールドアメリカンな雰囲気を醸し出し、カジュアル・ドレス双方に対応可能です。 木型:USアーミーラスト アッパー:黒ステア・茶ステア・ベージュスエード 底:インペリアルソール・レザーソール・VIBRAM#700ソール サイズ:7~9.5 税込み価格3万7800円(GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)



このブランドの靴の大きな特徴は? まずは次のページで!