笑顔を届けてくれる『まどからおくりもの』

笑顔を届けてくれる 五味太郎のしかけ絵本『まどからおくりもの』

笑顔を届けてくれる 五味太郎のしかけ絵本『まどからおくりもの』(画像提供:Amazon


かわいらしいヘリコプターに乗ってやってきたサンタクロースさん。白い袋をかついで、動物たちや子どもがいる家を訪ね、プレゼントを配ってまわります。窓からちらりと見える姿を通して誰の家だか判断し、その相手にぴったりだと思ったプレゼントを投げ入れていくのですが……。サンタクロースの思い込みで一見それぞれの相手に合わないようなプレゼントが渡ったり、プレゼントをもらえない動物も出てきてしまいますが、最後はみんな笑顔に。読み手も聞き手も笑顔でいっぱいになれる愉快なクリスマスしかけ絵本『まどからおくりもの』は、幼児から小学生にまで人気です。

   

ページをめくってわかるサンタさんの大きな勘違い

ページの窓の部分に穴が開いていて、そこから中に住んでいる動物や子どもの一部が見える仕組みになっています。ページをめくると、サンタさんの想像している住人の姿と、窓の向こうの実際の姿の意表をつく違いに、読み手の大人も吹き出してしまいます。ねこさんのおうちだと思ってかわいいリボンを投げ入れていったら、そこはねこの顔のプリントのパジャマを着た大きなぶたさんのおうち。こんな愉快な勘違いが次々と繰り返されます。

どのページをめくっても、サンタさんの笑顔やベッドでスヤスヤ眠っている動物や子どもの寝顔という幸せな表情ばかり。かわいい絵と温かい雰囲気は、サンタさんの存在がよくわからない幼児期初期の子の心もひきつけます。また、小学校中学年くらいの子でも思わずクスッと笑ってしまう面白さがあり、小さい頃に読んだことがあってしかけがわかっていても、再び読んだり読んでもらったりするとまた楽しめるようです。端的な表現と少ない文字数で状況やおかしさがわかりやすく表現されていて、子どもたちの想像力を様々に広げてくれます。

 

みんなが笑顔になる絵本

サンタさんの思い込みが軸となっている展開ですが、そんなことなどみんな何とも思っていないようなハッピーエンドがすてきです。まるで、勘違いどころか、最初からその相手のために用意されていたようにしっくりとなじんでいるプレゼントの数々。それにしても、自分の思い込みもその後の展開も知らずに去っていったサンタさん、とことん幸せ者です。

くり返し楽しめ、楽しめる年齢幅が広いので、おうちでの兄弟姉妹一緒の読み聞かせにもぴったり。プレゼントにも喜ばれそうです。家族みんなで笑顔のクリスマスを迎えるのに、きっと一役も二役も買ってくれるでしょう。

 

関連記事

クリスマス絵本人気BEST10!サンタのお話・しかけ絵本・名作まで
サンタクロースが132人?! 絶対読みたいサンタ絵本10選 『100にんのサンタクロース』サンタクロースの四季を描いた絵本

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。