僕がSEO対策よりもキーワード選定を重視するワケ

ライバルの意識しすぎに要注意

ライバルの意識しすぎに要注意

僕がアフィリエイトを始めたすぐは、どんなにブログやサイトを作っても、結局狙った検索キーワードでヤフーやーグーグルの検索結果で、上位に表示できることはありませんでした。

なぜなら、その当時はアフィリエイトを始めたばかりで、SEO対策という言葉の意味すらよく知らないほどに無知だったからです。

しかし、SEO対策を必死で学び、実践しながら検証していくことである程度は狙ったキーワードでもヤフーやグーグルの検索結果で、自分のブログやサイトを上位表示できるようになりました。

そしてブログやサイトにアクセスが集まれば集まるほど、その数字に比例して、アフィリエイト報酬も伸び始めていきました。しかし、そう簡単に稼げるほどアフィリエイトは甘くなかったのです。

それは、ヤフーやグーグルの検索結果を決めているグーグルのアルゴリズムというプログラムに大きな変更が加わり、これまでのSEO対策が通用しにくくなったから。

これまでのSEO対策が通用しなくなるということは、やみくもに狙ったキーワードでは検索上位を狙いにくくなるということです。

そのため、SEO対策が厳しくなってからは、出来るだけライバルが少ない検索キーワードを狙ってブログやサイトを作るように意識していました。


ライバルが少ないキーワードを見つけても必ずぶつかる壁

実際に、ライバルが少ない検索キーワードを選ぶろ競合が少ない分だけ、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示させやすくなりました。

しかし、ただ単純にライバルが少ないキーワードを探すのが目的になってしまい、大事なことを見落としていたのです。結果、いくらブログやサイトを作ってもなかなか成約につながらなくなりました。

その大事なこととは、検索している人を意識するということです。

ライバルのアフィリエイターのことばかりを意識するようになったせいで、実際にキーワードを検索している人の気持ちを想像するという1番大事なことを見失ってしまっていたのです。

例えば、あるニキビケアの商品をアフィリエイトしようとしていた時のことです。

「●●●(商品名) 返金保証」という検索キーワードの検索結果を見ながらライバルチェックをしていると、ライバルのアフィリエイターが少ないことに気がつきました。

そこで、「●●●(商品名) 返金保証」というキーワードで上位表示を狙ってブログを作り、実際に検索結果の1ページ目に自分のブログを表示させることが出来ました。

しかし、いつまでたっても報酬に繋がることはありません。

それはどうしてなのか?後で冷静に検索していた人の気持ちを想像してみると、返金保証について調べている人はきっとすでに商品を購入していて、それを手にした後に返金保証の方法を調べているはず。

だから、成約につながりにくいという可能性が高いと気が付きました。

この経験から僕は、ライバルのアフィリエイターだけではなく本当に相手にすべき検索している人の気持ちや考えを、しっかりと想像することの重要性に改めて気づきました。

もし、今狙ったキーワードでブログやサイトが上位表示されているにもかかわらず、成約に繋がらないとお悩みの方は「このキーワードで検索している人は何を考えているのだろうか?」と一度想像してみてください。

自分が狙っているキーワードで検索している人の気持ちや考えを想像することで、新たな発見につながることもあります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。