ダウンサイザーにおすすめ。新しいCセグのコンパクト

M・ベンツ CLAクラス

クーぺのスタイリッシュさとセダンの実用性を併せもつ“4ドアクーぺ”、M・ベンツCLAクラス。M・ベンツのFFプラットフォームを採用する。価格は344万~730.2万円

まずは、最近、投入された新しいクラスとして、Cセグメントのコンパクトセダンがある。要するにゴルフクラスのモデルをセダン化したものと考えていいわけだが、とはいえ、大きさ的にはひと昔前のDセグメント級で立派、パフォーマンス的にも最近のCセグメントはかなり上質になってきているから、ガイシャ入門用というよりはむしろ、ダウンサイザーにオススメしたい。

人気は、Aクラスをベースに仕立てたメルセデス・ベンツのニューモデル、CLAクラス。サイズ的には旧型Cクラスと同等で、クーペのようなスタイリッシュさがウリ。ただし、後席の狭さはいかんともし難く、乗り心地も硬め。スポーティで若々しいセダンが欲しい若い世代にはぴったりかも。
アウディA3セダン

ブランド初のプレミアムコンパクトセダン。クワトロ(4WD)のエントリーモデルとなる1.8TFSIクワトロもラインナップ。価格は337万~585万円

輸入車ツウにはアウディA3セダンを奨めたい。とにかく乗り味が上質で、サルーンとしてもきっちり使える。そのうえ、標準ラインナップに伝家の宝刀クワトロ4WDを用意している点も見逃せない。オールマイティに強さを発揮するコンパクトサルーンである。