柄モチーフは単体でも十分にインパクトがあるので、合わせる柄選びが重要です。ごちゃごちゃとやり過ぎ感が出ないように、片方は控えめにしたり、クリアの部分を作ったりと、どこかに引き算をするのが決め手!


スポンジアートで作る大理石ネイル

高級感のある大理石のようなデザインは、ぽんぽんとスポンジを叩いて作るテクニック。
シールだからゴージャスなのに簡単!

シールだからゴージャスなのに簡単!

■ハンド
グレーのベースに、濃いグレーをスポンジにつけて軽くポンポンと色を乗せていきます。模様が均一にならないように、あえて叩く場所をランダムにするとオシャレ。もう1つの柄は、大理石と相性の良いアールデコ風のシールをチョイス。最後にシルバーのラインテープでスポーティー感を出せば、イマドキのアールデコネイルに。

■フット
フットはよりゴージャスにタイダイアートで大理石模様を描きます。締め色ブラックでフレンチを引き、オパールグリーンのモチーフでアクセントをプラス。


新鮮!カモフラージュ×ボーダー

どちらも柄デザインの定番ですが、組み合わせることでまた違った魅力が楽しめます。
秋冬トレンドのカモフラージュ柄

秋冬トレンドのカモフラージュ柄

■ハンド
カモフラージュもボーダーもデザイン性が高いので、根元はクリアのセパレートで引き算するのがポイント。カモフラージュは、優しいベージュのベースにブラウン、ブラック、秋らしいモスグリーンで描き、ソフトな印象に仕上げます。ボーダーは淡いベースに、パキっとしたブラックを合わせ、ブリオンを飾って品よくスッキリと。

■フット
カジュアルな印象の強いカモフラージュ柄ですが、流線型フレンチにすることで大人っぽくエレガントに。ブラックでデザインを引き締めて完成です。


■ネイルアートデザイン製作■
uka 表参道店 
東京都渋谷区神宮前4-21-10 URA表参道2F
TEL.03-5413-4445


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。