横浜中華街へGO!


菜香新館

菜香新館

日本最大の中華街とえいば、横浜中華街。約200平方メートルにおよそ500軒もの店舗が軒を連ねています。どこの店に入ろうか、目移りしちゃいますよね。そこで今回はガチでオススメの飲茶をご紹介!1皿からでも注文できるので、ランチだけでなく散策途中にもサクッと立ち寄れます。


中華街初の本格香港スタイル飲茶

菜香新館は、中華街ではじめて本格的な香港スタイルの飲茶を打ち出したお店。店舗は5つのフロアに別れており、1階には飲茶専門のフロアがあります。香港から招聘した腕利きの点心師が作りだす飲茶の数々は、味はもちろんのこと、鮮やかな見た目にも食欲を刺激されます。

上海小籠包undefined420円

上海小籠包 420円


まずは「上海小籠包」(420円)。モチモチの皮を破ると、たっぷりのスープがあふれる逸品。ぜひ注文したい人気のひと皿です。

蟹肉入り三色蒸し餃子undefined2個460円

蟹肉入り三色蒸し餃子 2個460円


蟹肉入り三色蒸し餃子」 (2個460円)。半透明の皮に包まれているのは、濃厚な味わいの蟹肉をたっぷり使った餡。見た目のかわいらしさにもオンナ心をくすぐります。

骨付きアヒル肉のあぶり焼きundefined1/4羽undefined1600円

骨付きアヒル肉のあぶり焼き 1/4羽 1600円


自家製チャーシューをはじめとした焼き物も充実。専門の厨師が常駐し、毎日専用窯で焼き上げています。中でもオススメは「骨付きアヒル肉のあぶり焼き」(1/4羽 1600円)。香ばしくぱりっとした皮と、しっとりとした身がたまりません。創業者の夫人が考案したという甘酸っぱい梅ソースをつけて召し上がれ!

スペアリブ黒豆ソースのせ蒸しご飯undefined950円

スペアリブ黒豆ソースのせ蒸しご飯 950円


点心だけではモノ足りないという方は、「スペアリブ黒豆ソースのせ蒸しご飯」(950円)をどうぞ! トウチで和えた豚肉をうるち米にのせ、注文をうけてから蒸し上げるため、米のひと粒ひと粒にまで、具材の味がしみ込んでいます。

 点心の種類は非常に豊富で約50種類。この他にも香港飲茶の代表である、米粉などから作るツルリとした食感のクレープ、”腸粉”を使った点心なども揃っています。ぜひ足を運んでみてくださいね。

■菜香新館
【所在地】:神奈川県横浜市中区山下町192
【電話番号】:045-664-3155
【営業時間】:11:30 ~ 21:30(20:45L.O.)*土日祭日は11:00より営業
【定休日】:第2火曜日(祝日の場合と、8・12月は営業)
【地図】:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。