今回はこんな質問が届きました

Q.ハロウィンパーティで大人っぽいメイクに挑戦したいのですが、イマイチやり方がわかりません。簡単にイメチェンできる方法が知りたいです。(20代・会社員)


A.わかりやすく大人っぽくなれる赤い口紅と、黒の魅せる太アイライナーで魔女風メイクはいかが?

ダミー

 

仮装やメイクで盛り上がる秋の大イベント『ハロウィン』。いちばん手っ取り早いのは、バラエティショップなどで売っている専用グッズを利用すること。ゾンビ風、バンパイア風といった特殊メイクもありますが、リクエストが大人っぽくて簡単なメイクなので、赤い口紅に太い黒のアイラインでちょっぴり魔女気分を演出しましょう。

赤い口紅は、普段ならカジュアルに指でつけたり、なじませたりしますが、大人っぽく見せたいときは、きっちり輪郭を描くのがいいですね。まず、最初は普段どおりに口紅を塗りましょう。ここは自分のやり方で大丈夫ですよ。ラフに直塗りしてから輪郭を整えていきます。リップライナーを使うのがいいのですが、ない方は綿棒でもOK!

まず綿棒にクルクルと口紅をとって、下唇の輪郭中央に2cmほどラインを描き、唇の『底』をまず決めます。下唇の厚みを最初に決めるとバランスが取りやすいです。このとき、どの部分よりもボリュームが出るようにしましょう。次に、上唇の『山谷』のMラインを描きます。上唇の厚みは下唇より心持ち小さいほうがバランスがいいです。また、山と山は少し離しぎみがバランスよし。描けたら、両方の口角から『底』、口角から『山谷』へとラインを描き、最後に口角の上下をつなぎます。

ちなみにリップラインを描くとき、私はいつも軽―く「ウ・イ・エ・ア」と言いながら描いてます。底と山谷を描くときは「ウー」。口角から底を描くときは「イー」。口角から山を描くときは「エー」。最後に口角の上下をつなぐときは「アー」。こうすると描きやすいですよ。そしてもう一度、口紅を塗り、テッシュオフ。更にもう一度、輪郭の内側にたっぷり口紅を重ねづけして出来上がり。

赤い口紅だけでも十分大人っぽくなるのですが、ハロウィンのパーティなのでプラス、目元に黒で太めのアイライナーを入れればメイク度がアップしますよ。メイクのコツは、以前ご紹介した「アイライナーの引き方の基本」をご参考に。真っ赤な口紅と黒のアイライナーでディズニー映画『マレフィセント』のアンジェリーナ・ジョリーを気どってみてはどう? ちょっと大人な魔女風メイク、楽しんで下さいね!

山本さんのおすすめアイテム

 

お試し気分で試せるチープな価格で優秀
しっかり鮮やかな発色でつけたての色が長続き。赤口紅に挑戦したいけれど似合うかな?と、ためらっている人もこちらなら安心してトライできそう。セザンヌ ラスティング リップカラーN 402/480円(税抜)セザンヌ化粧品



 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。