ご自分のコンプレックスにはどう向き合っていますか?

人は程度の差はありますが、何らかの劣等感を必ず抱えているもの。もし誰かにそれを指摘されるような事があれば苦笑いぐらいで済むでしょうか、それとも……

私たちは時にどうしても周りの誰かと比べてしまう、あるいは周りに自分を誰かと比べられる……私たちは相対評価の世界に生きているのかもしれません。

思えば子供の頃は友達同士、背丈や持っていたおもちゃを比べ合っていました。そして大人になってからも、様々なものを比べ合っているのではないでしょうか。もし何かで自分がひどく相手に負けていたら、それがコンプレックスになり、場合によってはその劣等感が心の病気につながってしまう可能性もあります。

今回は劣等感に関連する心の病気を解説すると共に、劣等感をポジティブな方向に向けるためのヒントも詳しく述べたいと思います。


まずは劣等感の程度をセルフ・チェックしてみましょう!

もしかしたら自分には劣等感なんてものはない!なんて方もいらっしゃるかも。もしそうならば大変結構ですが、大抵の人は何らかのコンプレックスを抱えているものです。

身体的特徴、勉学、運動能力自分の置かれた環境そして対人関係など、さまざまな事が他人に劣等感を覚える要因になります。でもその程度は人それぞれ。ある人は他人にそれを指摘されても苦笑いぐらいで済むでしょうが、ある人はひどく心が傷つき、その日一日、相手から言われた言葉が頭を回ってしまうこともあるでしょう。

また、人によっては自分のコンプレックスを刺激するような相手が前方から近づいてくると、思わず方向転換……なんて事もあるかも知れません。ここで劣等感が深刻化していないかどうか、まず以下の事を是非チェックしてみましょう。
  • いつもその事ばかり考えていませんか?
  • それが原因で本来すべき事に集中できなくなっていませんか?
  • 自分のコンプレックスが刺激されるような場面を極力避けていませんか?
  • その結果人生に消極的になる、あるいは折角のチャンスを逃してばかりなど、何らかの悪循環に入っていませんか?

劣等感はさまざまな心の病気の原因になることも!

心の病気が発症するメカニズムは一般に不明ですが、心の病気はおおまかに生物学的、社会環境的、心理的要因などがネガティブな方向に相互作用して発症します。コンプレックスは心の病気の要因のなかでも心理的要因として重要なものです。

もし劣等感が強まってしまうと、自分にあまり自信を持てなくなるもの。物事には消極的になりやすく、場合によっては何らかの悪循環に入ってしまうかもしれません。

例えば毎日の冴えない気分を紛らわす手段として、アルコールやギャンブルが対象になれば依存症につながる可能性もあります。また、それらは基本的には自分の抱えている問題を解決しません。心の苦悩はそのままで、場合によっては脳内が病的になり、うつ病など心の病気に近くなってしまう可能性もあります。

劣等感に関連する心の病気はうつ病だけではありません。基本的にはどの心の病気も関連する可能性がありますが、代表的なものに対人恐怖症などがあります。また自分の身体的特徴を不合理なほどネガティブに解釈する身体醜形恐怖症、あるいは筋肉をもりもりにしようと筋肉増強剤に頼っているうちに、それに依存するようになってしまう事も何らかの劣等感が感連している事は少なくありません。


自分のコンプレックスを口に出せれば克服したも同然!

劣等感は人によっては苦悩の源で、劣等感の原因に関しては解決が大変困難な場合も少なくないものです。たとえば自分の身体的特徴に劣等感を覚えている場合、仮に百年後の世界であれば、医学の進歩などで解決が容易になっている可能性もあるでしょうが、それは未来のこと。現時点では解決が困難である以上、自分の感情や思考、行動に悪影響ができるだけ現われないようにしたいものです。

その方法として、自分が生きていく上でお手本となるような人物を探してみるのはいかがでしょう。古来、何らかの劣等感やハンディキャップを克服されて大成された方はいらっしゃいますが、こうした偉人の伝記などを見れば自分にも参考にできる事が見つかるかもしれません。もちろん自分の身近にお手本となるような人物がいらっしゃれば、ぜひその方を参考にしたいものです。その結果、劣等感のエネルギーが何かを成し遂げる原動力になれば素晴らしい事だと思います。

ところで、自分がコンプレックスにしている内容ははあまり他人から触れられたくないもの。まして自分からそれを敢えて口にするなんて論外!と思われるかもしれません。ただ、ここで是非ご留意していだたきい事として、劣等感を克服するという事はその内容をある程度感情から切り離して客観視できるようになる事です。

具体的には自分でそれを口に出そうと思えば出せる、そして自分が劣等感を覚える相手に対しては「すばらしいね!」とはっきり言えるようになっていたら、劣等感はほぼ克服した事になり、同時に劣等感の内容を自分の個性として受け入れる事ができたと言えるでしょう。

しかしそれを達成していく過程において、場合によっては劣等感の苦悩に押しつぶされそうになる時もあるかもしれません。その際はカウンセリング・ルームなどでカウンセラーに相談してみる、あるいはもし何らかの精神症状のために日常生活上、支障が大きくなっている際は精神科(神経科)受診も是非考慮してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項