「聞き上手」よりモテる会話テクがあった!

よく、モテる女性の話し方の特徴として有名なものに、「話し上手より聞き上手」というものがあります。

たしかに、ペラペラとよどみなくおしゃべりすることがうまかったり、まるで芸人さんのように相手を笑わせるような“トーク力”を持っていたりするのも、人を惹きつける大きな魅力です。

ですが、実際にモテているのは、話す技術が巧みな人よりも、相手の話をしっかり聞いて的確な受け答えをする人のほうだったりします。
相手のペースを見ながら、会話することが大切です。

相手のペースを見ながら、会話することが大切です。


今回はそんな「聞き上手」な人よりも、もっと上をいくモテる女性たちの会話のワザをご紹介したいと思います。
この「7:3の法則」のすごいところは、どの世代の男性たちからもとってもウケがいいこと。さらに、プライベートだけでなく、仕事先などでも抜群の高い評価を得ることができるというのも大きな魅力です。

早速、「7:3の法則」を説明しましょう!


事前に相手のプロフィールを入手する!

「聞き上手」よりモテる会話のテクニック、「7:3の法則」の数字である「7」と「3」は何を意味するものでしょうか?

じつは、ここが大きなポイントになります。この7と3は、それぞれ相手の男性と会話をするときの“頑張り度”を意味しています。もっと具体的にいえば、「準備7:当日3の法則」で会話をすることが、あなたを確実にモテさせる強みになる、ということです。

たとえば、あなたが今度の週末に、女友達の紹介でとある男性に会うことになったとします。もしも、その男性にモテることを目標とするならば、私だったら必ずその男性のプロフィールを女友達に聞いておきます。

彼の趣味がスポーツ観戦で、学生時代からテニスをやっているのだとしたら、全米オープンの話やテニスのルールについての質問などを事前にしっかり仕込んでおくようにします。

そこまで詳しく相手の趣味などがわからなかった場合でも、「穏やかな性格らしいよ」くらいの情報でも大丈夫。大切なのは、相手の情報をしっかり自分の頭のなかにインプットしておく、という“相手に会うための準備”なのです。

実際に本人に会ってみたときに、「穏やかなタイプ、とお聞きしていましたが、会って安心しちゃいました。本当だったんだな、って(笑)」などとさりげなく言うことで「私はあなたと会う前から興味を持っていて、会うことを楽しみにしていましたよ」という自然なアピールになるからです。
仕事同様、事前準備が大切です。

仕事同様、事前準備が大切です。



私たちは、「あなたに興味を持っています」とアピールされて、イヤな気持ちはしないものです。自分に置き換えて考えた場合、「そんなに関心を持ってくれているなんて、うれしいな」と思いませんか? その状況にするためにも、「準備の7」は必要不可欠なのです。

>>次のページでは、準備をおこたって失敗したお見合いのケースをご紹介します!