腸内環境を整えるために必要な善玉菌

腸の老化は体質や個人差によるところが大きく、努力次第である程度防ぐことができます。食生活を始めとする生活習慣の乱れやストレスから、20代でも腸年齢は60歳代という人も珍しくないため、MICO世代から腸の老化予防をする必要があります。腸内環境が整うと、便秘の解消や免疫率アップなど肌にも身体にも良いことづくめです。

では、腸内環境を整えるためには何をしたらよいのでしょうか。腸内環境は、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスで決まります。まずは腸内の善玉菌が働きやすい環境づくりをすることが大切です。

みなさんもご存じのとおり、乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌として知られ、腸の運動を活性化してくれます。ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、などの食品を積極的に摂取しましょう。
ヨーグルトを毎朝の習慣に取り入れて腸美人に!

ヨーグルトを毎朝の習慣に取り入れて腸美人に!



善玉菌のエサになるオリゴ糖も一緒に摂取

乳酸菌やビフィズス菌と併せて、腸内で善玉菌のエサになり善玉菌を増やすオリゴ糖も一緒に摂ると効果が倍増します。ただし体内の善玉菌を一時的に増やしてあげる効果は永久的なものではなく、あくまで一時的なもの。例えば毎朝ヨーグルトと一緒に摂取するなど、習慣的に摂取することが大切です。

また、トウモロコシなどオリゴ糖を成分に含む食品はありますが、たくさん食べるのは大変ですよね。甘味料として売られているものを活用し、料理の甘い味付け代わりにオリゴ糖を使うことを意識してみるのもよいと思います。


お勧めの「腸内メンテ」方法

オリゴ糖とビフィズス菌を摂取することをはじめ、お勧めの「腸内メンテ」を、いくつか紹介します。「腸内メンテ」で健康管理や美容への悩みを、まとめて解消してみてはいかがでしょうか。

・オリゴ糖や、食物繊維を摂取するなど、料理に工夫をする。
・規則正しい生活を送る
・朝、食事をし、水分をとることを意識する。
・便意がなくてもお手洗へ行く。
・定期的にウォーキングで身体を動かす。
・便を出しやすくするインナーマッスルを鍛える
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。