「三日月ストレッチ~背すじのばし篇」 by 小泉今日子

■投稿ママからのおすすめポイント
  • 小泉今日子さんの優しいHAPPYボイスに癒されながら、疲れた体をゆったりほぐすことができます。
  • 歌詞の通りに胸にたまった息を全部吐き出したら、その日の疲れやイライラも全部吐き出せるような気がします。
■ここが心に響く!
「むねにたまった いき ぜんぶ 吐きだそう~♪」

■子育て心理学から見たおすすめポイント

この歌のタイトル「三日月ストレッチ」どおり、これは、夜寝る前に行うストレッチ体操の曲。1日頑張った自分に、小泉今日子さんの優しい声がじわ~っと染み渡ります。

育児ストレス解消は、週に1回大きなリラックスをするよりも、1日1回短くてもこまめに行う方が効果的です。1日1回、歌とともに、胸にたまった息を全部吐き出しながら、その日の後悔、自己嫌悪、イライラしてしまった自分にバイバイ。そして、その日の嬉しかったこと、楽しかったことを思い出しながら、息を思いきり吸い込めば、体の中がどんどんポジティブになっていくこと請け合いです。

子供が小さければ小さいほど、ママは心だけでなく、体も疲れます。お子さんが寝た後のひとときのリセットタイムとしてぜひ。

うたまっぷで歌詞をチェック:「三日月ストレッチ~背すじのばし篇」

 



「魔法の料理 ~君から君へ~」 by BUMP OF CHICKEN

■投稿ママからのおすすめポイント
  • 妊娠中から、私の不安な気持ちを癒してくれる曲です。
  • この曲を聞くと、支えてくれる人たちの顔が思い浮かびます。
  • 怒りの感情を冷静にさせ、穏やかな気持ちになれる曲です。
  • 歌詞を読んでるだけでも、泣けます。
■ここが心に響く!
「メソメソすんなって。願いはちゃんとかなうよ~♪」

■子育て心理学から見たおすすめポイント
成長した自分が幼い頃の自分に語りかけるという展開のこの歌は、親に育ててもらっていた自分が、今、親となり、子育てをしている。そんなひとりの人間の人生を外側から見つめなおすことができる一曲です。そしてその人生を支えてくれる人達のほっこりとした優しさが散りばめられていて、「私はみんなに守られているんだ」という気持ちになれます。

「期待以上のものに出会うよ。願いはちゃんとかなうよ」と自分が自分を勇気づけるくだりは、育児で迷っているときや落ち込んでいるときに、気持ちを前に向けてくれます。この曲は、いわば、親となった私達への応援歌。自信を取り戻したいとき、自分を客観的に見たいとき、冷静になりたいときにおすすめです。

■うたまっぷで歌詞をチェック:「魔法の料理 ~君から君へ~」

 
 


「未来へ」 by Kiroro

■投稿ママからのおすすめポイント
  • 凹むたびにこの曲を聞いて、「そうだ。一緒に手をつないでゆっくり歩いていけばいいんだ」と思い直してきました。
  • いつかはこの手も離す日がやってきます。手をつないでいられるうちに、しっかりとつないでおかなくては、と思うと不思議と娘が愛おしく感じてくるんです。
■ここが心に響く!
「不安になると手を握り歩んできた~♪」

■子育て心理学から見たおすすめポイント
この曲には、手と手をつなぎ、前へ進んでいく母子の姿が描かれてます。小さい頃はこの曲のように、抱っこや手をつないだりと、スキンシップを通して愛を感じ合うもの。

やがて大きくなって、いつの日かその手を離すときが来る。寂しいですが、これができるのも、長い年月で育んだ心と心がつながりがあるから。これを心理学では「情緒的対象恒常性の確立」と言います。手を離して歩めるということは、心がしっかりと育っている証でもあるのです。

理想は、我が子が大きくなって不安を感じたときに、心の中でしっかりと守ってあげられるママ。この歌に描かれているようなママでありたいですね。

■うたまっぷで歌詞をチェック:
「未来へ」

 



「ルーキー」 by 玉置浩二

■投稿ママからのおすすめポイント
  • 心が折れそうになったとき、この曲を口ずさむと不思議と元気になれます。
  • 大泣きする娘を抱いている時間は果てしなく長く感じます。それでも、最後には「なんとかなる 笑っていよう」と思えるこの曲にはとても助けられました。
■ここが心に響く!
「なんだって精一杯やってる君を見てると何でだろう、涙、こぼれる~♪」

■子育て心理学から見たおすすめポイント

「もう十分すぎるほど頑張っているよ」、そんな風に語りかけてくれるこの曲は、まさに小さい子を持つママへの応援歌。

特に新生児時代、あの酷とも言える寝不足状態は経験しないと分からない辛さがあります。必死になっておっぱいをあげているのに、それでも泣いてしまう……。

泣いている赤ちゃんには誰もが気持ちを向けますが、頑張っているママの頑張りには気づいてくれないことも多いもの。そんな精一杯頑張っている姿をこの歌が励ましてくれる。まさにママの心に響く歌だと思います。

■うたまっぷで歌詞をチェック:「ルーキー」




「Just the Two of Us」 by Will Smith

■投稿ママからのおすすめポイント
  • 初めて我が子を胸に抱いたとき、おそらくすべてのパパ、ママが心の中で1人固く誓ったであろう思いを静かに語ってくれます。
  • 育児にイライラし、時に子供が煩わしくなった時、初心に返り、子供と一緒にまた一歩を歩き出すときに、ぜひ聴いていただきたい一曲です。
■ここが心に響く!!
「Touched your head gently, I felt my heart melt~♪(頭をそっと撫でたら 心が溶けていくのを感じたよ)」

■子育て心理学から見たおすすめポイント
ご投稿にもあったように、これはパパにもぜひ聴いてもらいたい1曲です。ウィルが離婚後、引き取った長男のトレイ君に捧げた曲。タイトルの「Just the Two of Us」を日本語に直すと「おれたち二人だけで」。

育児において「絆」というと母子ばかりがクローズアップされますが、過去記事「1歳半~3歳:アタッチメントを広げていく時期」にも書いたように、子供は愛に貪欲です。パパからも、たくさん愛をもらいたいと思っています。そんな大切なことを気づかせてくれる一曲です。初心に戻りたい、リセットをしたいときに、特におすすめです。

■うたまっぷで歌詞をチェック「Just the Two of Us」

 






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。