キャバクラ経験者が総じて持っている、企業が求める「力」とは?

「それではグループで5分ほど意見交換をしてみてください」

とあるセミナーで、非常に意見交換が活発で盛り上がっているグループがあった。1人の女子学生を中心にほとんどすべてのメンバーが、時には笑いも交えながらお互いの意見を遠慮せず言い合っている。私はセミナー後に、そのグループの中でキーマンとなっていた女子学生に声をかけ、ある質問をしてみた。

ガイド「今日のディスカッションでの周囲への振る舞いは素晴らしかったね。普段も何か接客関係の仕事してるでしょ?」 女子学生「ありがとうございます。そうなんです、実は……」

与える印象が抜きん出ていた

与える印象が抜きん出ていた

彼女は少し恥ずかしそうな表情で、アルバイトで2年ほど、新宿歌舞伎町のキャバクラで働いていることを話してくれた

就活生を支援する仕事をしていると、彼女のようにキャバクラを始めとした水商売経験のある学生と出会うこともある。本人が自らその経験を話す事もなければ、決して化粧が濃い訳でも服が派手な訳でもないが、様子を見ているだけで明らかに他の学生との違いを感じる。そしてガイドの経験則からすると、そうした種類の学生は就職活動で結果を出しやすいように感じる。それはなぜだろう?

さまざまな層の顧客との対話で磨かれるコミュニケーション力

さまざまな層の顧客との対話で磨かれるコミュニケーション力

というと多くの人は、水商売の現場で培われた「コミュニケーション力」によるものでは、と考えるだろう 。実際彼女もグループの中で和やかな雰囲気を作りながら1人1人の意見を聞き出すなど、高いコミュニケーション力を発揮していた。

しかし本当に彼女たちは「コミュニケーション力」だけが高いという理由だけで、就活における結果が出せるのだろうか? ガイドは企業の採用担当者向けの研修もしている観点から、コミュニケーション能力の他にもう一つ、今多くの企業が求めている「ある力」が水商売経験を通して培われているのではと考えている。

その力とは一体何なのだろうか?