ウォルトディズニーの本社に採用された普通の女子大生

毎年就職活動生を支援をしている中で嬉しい瞬間の1つは、1人1人の学生が就職活動を終了した時にくれる内定報告を聞くときだ。

私は決して大手有名企業に入ることを応援しているわけではなく、1人1人が自分に合った会社や仕事を見つけて、それに挑戦することを支援しているので、報告を受けた企業が知名度の高い企業でも、知らない企業でも嬉しさには変わらない。

ただそんな私でも過去に一度、内定報告を受けた時に言葉を失ったことがある

世界的な企業は世の中にたくさんあるが、ウォルトディズニーはその代表的企業だ。

世界的な企業は世の中にたくさんあるが、ウォルトディズニーはその代表的企業だ


その学生は都内の私立大に通う女子大生で、アヤというニックネームで大学3年時に私の研修に参加した。意欲的な学生だなぁと思いつつも、何も特別な学生ではなかったので特に意識はしていなかった。

彼女が4年生になって数カ月たったある日、私はアヤから内定の報告を受けた。


「良二さん、私ディズニーに内定もらうことが出来ました!」(アヤ)

「へ~、すごいじゃん、良かったね。じゃあ、来年から舞浜で働くんだね?」(私)

「いえ、舞浜のディズニーではないんです……。」(アヤ)

「え? じゃあどこのディズニーなの?」(私)

「ウォルトディズニーです。ニューヨークの本社に採用されました。」(アヤ)

「……。」(私)



言葉を失った。

私はディズニーと聞いて、てっきり舞浜のディズニーリゾートを運営する(株)オリエンタルランドに内定をしたと勘違いしていた。オリエンタルランド自体、学生からは超人気企業なので「すごいなぁ」と思ったが、アメリカのウォルトディズニー本社に採用されたと聞いて「すごいなぁ」という言葉すら出なかった。

なぜならば、アヤは私から見ると本当に普通の女子学生だったのだ。

目立つ就活生は学生団体のリーダーや部活の部長をやっていることが多かったが、アヤの学生時代に頑張ったことを聞くと「大学の授業」という至って平凡な答えだったのだ

そんな平凡なアヤが、就職サイトにものっていない世界的企業のウォルトディズニーの内定をどのように勝ち取ったのか、私には想像も出来なかった。

しかし彼女の内定までのエピソードを聞くと、なぜウォルトディズニーの本社が彼女を採用しようと決めたのか納得出来た。