バリ島の思い出の味、あの味を日本でも

バリ島で食べたエキゾチックで刺激的なスパイシー料理。今回はバリ島のスーパーマーケットで手に入るローカル調味料をちょっと使うだけで、そんな思い出の味が再現できる商品とアイディアを紹介します。簡単ですぐに使えて、バリ島の味を彷彿させるものを集めてみました。
サンバル・プダス・ソーストマト

トマトケチャップの辛い味でサンバル・プダス・ソーストマトと呼ばれます


その前に覚えておきたい知識をひとつ。このあと、「サンバル」という単語がよく出て来ますが、いったいなんのことでしょうか?

実はバリ島で基本となる調味料こそ「サンバル」。各種の材料をチョベッと呼ばれる石臼のようなもので潰したものや、簡単に材料を刻んであわせたものまでいろんな種類の「サンバル」があります。バリ島に旅行したことがある人なら、思い浮かべるのはナシチャンプルなどの皿にちょこっと盛られている辛さを調節するサンバル、イカンバカールの店で焼いた魚に付け加えて食べるサンバルなどではないでしょうか?辛さや味を加えるのがサンバルとも言えますが、料理の基本、スープの元になるサンバルなどもあります。

辛さが刺激的なサンバル・プダス・ソーストマト

まずはディップ代わりにあると便利な辛い味のソーストマトを紹介します。プダスとはインドネシア語で辛いという意味です。普通のソーストマトに加えて、サンバル・プダス・ソーストマトの辛い味が加わると、バリ島ならではの味になります。バリ人も大好きなポテトフライを作って、サンバル・ソーストマトをつけて食べるだけで、ピリッとした辛さが刺激になり、ビールがすすみます。辛い味が好きな方はサンバル・ソーストマトをマヨネーズと混ぜて、サンドイッチやホットドックを食べるときに使うとさらに美味さがひきたちます。
バリ島で売られているメーカーでは「indofood」 社のものがおすすめ。「ABC」社のほうが広く出回っていて価格も安いのですが、やや化学調味料のクセが強い感じで、「indofood 」社の商品を使った方が仕上がりに差が出ます。小さいボトルで価格は日本円で約40円です。


万能ソースのケチャップ・マニス

ケチャップ・マニス

スープや炒め物の味付けにも使います。甘い味が大好きで、バリ人の子供はそのままご飯にかけて食べることもあります。

調味料として便利で活躍するのがケチャップ・マニス。バリ島ではトマトケチャップをソーストマトと呼び、ケチャップ・マニスは日本でイメージする「とんかつ」のソースのようなもの。ソースとケチャップの呼び方が逆転しているかもしれませんね。ケチャップ・マニスは直訳すると甘い味のソースになります。とろみと、独特の甘みがあり、このソースをいろんな料理に入れます。簡単なところではチャーハンを作ったときに、醤油の代わりにちょっとケチャップ・マニスを使ったり、煮込み料理の味付けにケチャップ・マニスをたらして味を整えます。
かなり甘みが強いので、他に甘味料などを使うレシピの時は砂糖やみりんを省いてもいいと思います。和風、洋風、どちらの味付けにも対応できるマルチ調味料。スペアリブなどの味付けにも向いていると思います。焼き鳥のタレにも近い味わいです。バリ島では焼き鳥はサテ・アヤムと呼ばれますが、醤油のタレではなくケチャップ・マニスをアレンジするとバリ島風のサテ・アヤムができ上がります。小さいボトルで価格は日本円で約50円です。


刺激的な辛さの瓶詰めサンバル

サンバル・バワン

バリ人はこのソースが大好きで、ご飯と少し混ぜたり、揚げもののソースとしてよく使います。瓶詰めになっているので日本にお土産として持ち帰るのにはやや重さはあります。

バリ島で食べるバクソッという肉団子のスープ。あの味を簡単に再現してくれるのが次の2つ。粉末あるいは固形のスープの素と、最近発売されている瓶詰めの「ウレッグ(Uleg)」社の「サンバル・バワン(sambal bawang)」という調味料とケチャップ・マニス。スープの素を溶かして、適当にお好みの材料を煮込んだら、「サンバル・バワン」とケチャップ・マニスを同量混ぜてスープに入れます。辛さはサンバル・バワンとケチャップ・マニスで自分好みに調整してください。
混ぜたソースの味は、アヤム・ゴレン(鶏肉の揚げ物)についてくるソースにもそっくりです。アヤム・ゴレンはララパンと呼ばれる生のキャベツやキュウリとともにいただきますが、生野菜のディップ代わりに使っても良いでしょう。価格は日本円で約160円前後です。「サンバル・バワン」と書いてある商品名の他にも「サンバル・トラシ(sambal trasi)」、「サンバル・ウレック(sambal ulek)」、「サンバル・ベベック(sambal bebek)」と似たような商品名の瓶詰めサンバル商品があり、味の差は少しありますが、どれを選んでもバリ島の辛い味を再現できるでしょう。

簡単にバリ島風ナシゴレンを作る

ナシゴレンの素

各社から商品が出ていますが、いずれを使ってもバリ島の味を再現できます。価格は最も安い商品が日本円で約17円から50円まであります。

バリ島の観光で最も食べたインドネシア料理はナシゴレン(インドネシア風チャーハン)ではなかったでしょうか?お店によって味付けは違いますが、ちょっと辛めのナシゴレンを家庭で簡単に作るには市販のナシゴレンの素を利用してみてはいかがでしょうか?材料は冷蔵庫に入っているもので充分です。タマネギ、ハムあるいはソーセージ、冷凍のグリーンピース、コーンを入れてもオッケー。材料を炒めて、ご飯も加え、最後にナシゴレンの素を混ぜて炒めて出来上がりです。ガイドも「FINNA」社の商品を購入してナシゴレンを作ってみました。ピリッと辛く美味しい仕上がりに。辛さが苦手な方は少量を使い、最後にケチャップ・マニスで味を整えると良いでしょう。

なにかと重宝するバワン・ゴレン

バワン・ゴレン

家庭で大量のニンニクを刻んで揚げるのはかなりの手間なので、買った方が安いですね

スープやナシゴレンなどにも使えるバワン・ゴレンも、あると重宝する商品です。ニンニクを揚げたものですが、スープン大さじ2杯くらい入れるとひと味もふた味もコクが出て、美味しくなる隠し味的な商品。どのスーパーマーケットでも気軽に買う事ができて、一袋約250円前後です。春雨サラダの最後に振りかけたり、アジア風な味付けを楽しむことができます。

 


気軽にバリ島の味を楽しむことができる役立ち調味料いかがでしたか?アイディア次第で料理の幅も広がると思いますので、いろいろとお試しください。(参考価格は2014年9月現在のものになります)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。